Play2.5のインストール(Windows8.1+Vagrant+CentOS7.2でPlay2.5.4)

Java(とScala)のWeb Application PlatformであるPlay Framework. Javaを使って、RailsのようなWEBアプリケーションが作れるとのこと。

Rubyは、やや、Windowsでそのまま環境構築が面倒なので、WindowsパソコンでRailsをやるのであれば、VirtualBoxにCentOS7(Linuxの一種)をインストールして、そのうえでRailsをやるのが、私にとっては一番楽であった。

Rails5.0のインストール(Windows8.1+Vagrant+CentOS7.2でRails5.0)
を見てみたら、2016/6/30に、Rails 5.0がリリースされたとのことなので、やってみた。 と全く同じにやってでき...

JavaならWindowsでも、簡単にできるであろうと思っていて、Windows上でそのまま、Play frameworkをインストールしようとしたら、Play2.2はうまくいったのだが、Play2.5 (Play 2.3以降は、Activatorというややこしいものを使用してPlayをインストールするのだが、これが、私の環境ではどうしてもうまくいかなかった。)のインストールがどうしてもうまくいかず、さらに、それまで動いていたPlay2.2まで動かなくなってしまった。理由としては、文字コード(S-JISとuUTF-8)、PATHや、sbtのversionなどいろいろあるのであろうが、とにかく私には無理であった。

ということで、Railsのときと同じように、WindowsパソコンにVagrant、VirtualBox、Centos7で仮想マシンを構築し、そちらでPlay2.5をインストールすることにtryしてみたいと思う。

でも、Windows上で簡単に環境構築できるのでなければ、スモールサイズのサイトであれば、Railsで作った方が早そう。。。Playを勉強する意味が、、、

(参考)

http://qiita.com/mopinfish/items/d1c8d8c39949466af5ae
Vagrant上のCentOS7.1でPlayFramework開発環境を用意し、Herokuにデプロイするまで
mopinfishが2015/11/22にKobitoから投稿

(環境)

Windows8.1
VirtualBox 5.0.20
Vagrant 1.8.1
CentOS7.2
Ruby 2.3.1
Activator
(Play2.5.4)

(1) VirtualBoxと、Vagrantと、TeraTermをインストールしておく。

cドライブの、vmフォルダの、play25フォルダに作成する。

(2) VagrantでCentOS7.2をセットアップ

cmd.exe(コマンドプロンプト)を開く。

image

cd c:\vm
mkdir centos
cd centos
 
vagrant init bento/centos-7.2
vagrant up

image

image

いや、本当に、Vagrantさまさま。手動でCentOSをインストールするのと比べて格段に楽になりました。

(3) TeraTermでログイン して、Git, Ruby, Javaのインストール
(下記の画面では、Puttyを使っていますが、TeraTermでも同じです。)
127.0.0.1
2222
vagrant
vagrant

sudo yum -y update
sudo yum install -y git
sudo yum install -y ruby

wget --no-check-certificate --no-cookies --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u91-b14/jdk-8u91-linux-x64.rpm

sudo rpm -ivh jdk-8u91-linux-x64.rpm

(注意)JAVAのバージョンは、以下から確認する。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

Acceptのチェックボタンを押すと、2016/7/26現在のJAVAの最新Versionは、

image

http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u91-b14/jdk-8u91-linux-x64.rpm

をダウンロードすればよいことがわかる。

image

image

(4)次は、playフレームワーク(JAVA)をインストールしたい。

sudo yum -y install unzip
wget https://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.3.10/typesafe-activator-1.3.10-minimal.zip
unzip typesafe-activator-1.3.10-minimal.zip
sudo mv activator-1.3.10-minimal /usr/local/lib
sudo ln -s /usr/local/lib/activator-1.2.12-minimal/activator /usr/bin/activator

image

ここで、

activator -help

しても、うまくいかない。。。

export PATH=/usr/bin/activator:$PATH

続きは明日以降に、、、

(参考)

http://www.task-notes.com/entry/20150602/1433214000
2015-06-02
CentOSにJava(JDK)をRPMでインストール+バージョン変更について
Java CentOS

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする