wordpressプラグインの設定画面からのパスの指定方法

(1)home_url(‘/’) を使う

https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B0/home_url

wordpress内では、home_url() が、現在のブログのホームURLを返し、任意の$pathを追加出来る引数を持つ。詳しくは上記リンクへ。

例:TSM_font-changer3.php (一部)

image

(2)admin.phpからの相対パスを用いる。

wordpressのプラグイン管理画面は、xxxxx/wp-admin/admin.php?xxxxxx となっており、その影響か、なぜか、相対パスは、admin.phpからの相対パスを指定しなければならない。(CodeXのどこかに書いてあるのだろうが、これを理解するのに何か月悩んだことか、、、)

image

例:TSM_font-changer3.php (一部)

image

TSM_font-changer3/fonts/ フォルダの中のファイル群を $files 配列に格納し、
ドロップダウンリストに表示する。
セレクトされた selectBoxName は、TSM_font-changer3/ フォルダ内の、

select.php

で処理される。

●ソース全体は、

フォントプラグイン
TSM_fontチェンジャー サイト上のフォントを手書き風フォント「TSM_font001」に変換するプラグイン。アルファベット、平仮名、...

から、TSM_font-changer3(Ver.3.0.2) をダウンロードしてください。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする