魔法少女まどか☆マギカ

関連動画がニコニコ動画でランキングに良く入っているので、なんだか人気らしいということは知っていた。

しかし、キャラクターの顔がかわいすぎて、あまり見る気がおこらず、特に気にとめていなかった。

 

そんなある日、いつものようにMMD動画のランキングの中にこのアニメの関連動画が入っていたので見てみると、

そこで流れていた音楽(マミの戦闘テーマ)

[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=89p1WTs_8jw&w=448&h=252&hd=1]
参考動画1:マミの戦闘テーマ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13757861 参考動画2

の雰囲気がとてもよかったので、元動画を見てみることにした。

第1話から第3話まで見たが、すごく面白かった。

というか、第3話は、、、何も知らずに3話までみたので、かなりびっくりした。

 

女子中学生が謎生物「きゅうべえ」と契約して魔法少女になって魔女と戦う話。

中学生が変身するのは、昔は「セーラームーン」、今は「プリキュアシリーズ」での王道。

「きゅうべえ」は、アニメ「ぼくらの」に出てくる「コエムシ」に似ている。

と思ってノーチェックだったが甘かった。

(そういえば、アニメ「ぼくらの」を見るようになったきっかけは、オープニングの「アンインストール」を市況2の掲示板からの

リンクで聞いて感動したことであった。)

 

「魔法少女まどか☆マギカ」は戦闘シーンがとてもかっこいい。

2次元的、絵でいうと「印象派」(?)のような感じのタッチになる。

とにかく戦闘シーンが、ダークで、また何かを暗示しているような印象を受ける。

と思ったら、少しググッったら(google検索したら)、アニメのwikiがあり、各話のいろいろな考察がなされていた。

なんと英語のwikiまであったのにはびっくりした。

http://www22.atwiki.jp/madoka-magica/pages/30.html 日本語のwiki

http://wiki.puella-magi.net/Main_Page 英語のwiki

この日本語のwikiからのリンクで、これまたすごい考察、そして現実もあった。

見る人たちにこれだけ影響を与えるアニメもなかなかめずらしいのではないだろうか。

http://jamberry.at.webry.info/201102/article_338.html

 

どうやらこのアニメ、ライトノベルや漫画などの原作があるわけではなく、アニメオリジナルということらしい。

監督、脚本家、音楽担当、キャラクター原案、戦闘シーン担当のアニメーターなど、その道では有名な人たちが集まってできたアニメだそうである。

 

まだ第3話までしか見ていないが、2011/3/11の地震で、第11話以降の放送が一旦中断された理由もなんとなく分かる気がする。

しかし、誰かが掲示板に書き込んでいたが、「どんなにつらくても魔法少女まどか☆マギカの最終話を見るまでは死ねない。」というのも同意する。

 

第3話を見た後は、ぜひこの動画を、、、

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13411390

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする