FX 順張りが大事なのか、、、

NYダウが誤発注だか、ギリシャのせいなのか、一時1000ドル程下げたらしい。

日経平均で言えば、1000円下げくらいに相当するから、これはすごい。

後にブラックサーズデーといわれなければいいが、、、

 

それに関連してか、2010年5月6日深夜(5月7日午前3時ころ?)、

USD/JPYが、3分間で90.05から88.03までナイアガラした。

私の記憶では、2009年1月15日ころ(正確な日付は覚えていない)の日本時間午前0時の開始とともに

USD/JPYが爆下げとき以来の変動幅であった。

私は午前2時半くらいまではたまたま起きていてチャートを見ていたのであるが、

朝5時半におきて、チャートを見て、「?」と思った。

たまたま運よくUSD/JPYのロングポジションを持っていなかったが、もし持っていたら、

強制ロスカットになっているか、起きた時点で泣きながら損切りをしていただろう。

とにかく、

「ポジションを持ったら、損切り注文を必ず入れておく」

というのが大事だなと思った。

 しかし、3分間で2円の大暴落なので、もし損切り注文を入れていたとしても、

おそらく、ほとんどのFX会社ではすべりまくって約定してしまったのではないだろうか。

そう考えると、

「10円動いたら人生に響くような(大きさの)ポジションは取らない。」

こちらの方が大事なのかもしれない。

 

「FXはやはり怖い」

 

今日の感想である。

本日(2010年5月7日)のアメリカ雇用統計は「あとのまつり」となりそうな予感がするが、

まさかこれから「本番」が待っているとかないですよね。。。

 

100507-006

100507-001

100507-004

これは日足。

2010年1月と5月の安値80.00くらいで下げ止まっている。

日足でみれば2009年11月の84円からの上昇トレンドはまだ変わっていないと私は考える。

100507-005

こちらは週足。

2008年10月に、1週間で101円から90円にまっさかさまに落ちた時があったんですね。

いわずもがなのリーマンショック。

100507-007

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする