自作パソコン感想2

1.マザーボードにCPUを取り付ける。

DSC01710   DSC01719

DSC01720 DSC01721

愛しのCore i5-750

DSC01723 DSC01724

ASUSのマザーボード。 LGA1156対応?のP55の規格である。

次にパソコンをグレードアップするときは、おそらくマザーボードごと新規購入になるであろう。

(自作パソコンは価格面ではメーカー製に劣る。。。)

生まれて初めて見るマザーボード。

電子機器感たっぷりである。

手袋をはめて、そーっと取り出して箱の上にのせる。

マザーボードの裏を手袋でもつと、はんだこての突起か何かが、手袋にときどき少しひっかかってあせる。

DSC01727 DSC01730

DSC01731 DSC01732

マザーボードのCPUソケットのカバーをはずす。

DSC01734 DSC01736

DSC01737 DSC01738

いよいよCPUを取り出す。

DSC01740 DSC01741

溝にあわせてCPUをそっとのせる。

四角い枠を上からおろし、さらに細い棒を下ろすのであるが、ゆっくりおろしたところ、

「ギギギ、、、」とCPUがマザーボードに押し付けられる音がして、

「あれ?いきなりCPUとマザボをぶっこわしちゃったかな?」

と焦ったが、すごくゆっくりやったので仕方ないと思い、次のステージへ。

DSC01743 DSC01744

DSC01745DSC01746

CPUクーラーの設置。初回はグリスを買ってつけなくてもいいらしい。。。

四隅をがちゃっとマザボに押し込んで、電源コネクタもマザボに慎重にさす。

この時点では電源用のコードがファンに当たって、ファンが回転できない状態だとは知る由もなかった。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする