Control of submillisecond synaptic timing in binaural coincidence detectors by Kv1 channels

2010/6/24(木) lunch

Nature Neuroscience 2010 5月号

Control of submillisecond synaptic timing in binaural coincidence detectors by Kv1 channels
生物物理
聴覚について
MSO : 聴覚の第3次ニューロン
in vivoでの役割 比較的わかっている。
蝸牛cochreo → AVCN → MSO
反対側の耳から、蝸牛cochreo → AVCN → MTB?, MSO?
左右の耳からの時間差計算用回路。
自分の頭からみてどの位置からの音かを計算。
時間の情報→場所の情報。 MSO, coincience detector
An introduction to the physiology of Hearing
Konishi M, Scientific America 1993
Tom Y, J.Neurophysiol 1990 64 p465
ジャービル : ラットの一種。MSO大きい。MSOの研究によく用いられる。
遠いほど、電圧が強いほど、pulseの幅が細くなる。(非線形メカニズム)
K channel → けずっていくのは、K channelが多い。
Ca channel
Na channel
デンドロトキシン Kv1 channelのブロッカー
Na : TTX (1uM)
K(LVA以外) :ZD7288(50uM), 1mM TEA
Ca : CoCl (200uM)
でブロック。
関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする