linuxのvimがどうしても使いにくい

テキストエディタ?のvimがありえないほど使いにくい。

なんでこんな形式なのか最初は意味不明であった。

検索しても、

最初に「I」と入力

と書いてあって、これがしばらく小文字の「l」と勘違いして、全く意味不明であった。

vim xxxxxx

そのあと押すボタンは、「I」(ひらがなでいうと、「に」のキーボード)である。挿入のinsertだから、I (アイ)なのは当たり前といったら当たり前なのだが、そんなのUNIX初心者にはわかりません。ずっと「l」(エル)を押して、スーパー意味不明なことになっていました。

これからは、vim起動直後に、「I」(insert 挿入のアイ)を押します。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする