Google 3DモデルをMMDに持ってくる。

2009年09月24日 01:29 投稿
Google3DからアクセをMMDに持ってきた

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8320470

これを見ながら、Google 3Dの戦車をpmd化してMMDで表示しようと思う。できるかな?

1.ほしいモデルをGoogle 3Dで検索してダウンロード。

http://sketchup.google.com/3dwarehouse/

ここで、「tank」を検索。

M1A2 Abrams (SEP) with tusk (complete)

をダウンロード。「M1A2 abrams(SEP).skp」という名前になった。

100225-007

2。Google Sketchup 7 をダウンロードしてインストール。

http://sketchup.google.com/intl/ja/download/

3Dソフトだからもちろん仕方ないと思うが、割と重いソフトではあるなと思った。

初めて触った3DソフトであるMMDが軽すぎたのだろう。。。

100225-009

3.MMD化するPluginをダウンロード。

http://bytatsu.net/uploader/mikumikudance/src/up0294.zip

からダウンロードして、「readme.txt」の指示に従って、Google SketchupのフォルダのPluginsフォルダに入れた。

4.Google Sketchupを起動。テンプレートは「簡易テンプレート – メートル」にした。

100225-008

5.最初にダウンロードしたskpファイル「M1A2 abrams(SEP).skp」をダブルクリックして、Google Sketchupで開く。

100225-010

6.メニューバーの「プラグイン」→「MMD accessory (.X file) Exporter…」をクリック。

100225-011

(Pluginフォルダに「MMDExporter.rb」を入れる前は、メニュー場バーに「Plugins」が出てこなかったが、

Pluginフォルダに 「MMDExporter.rb」を入れてから、Google Sketchupを再起動すると、

メニューバーに、「Plugins」が出てきた。)

100225-012

——————————————————————————————————

(7-16はなぜか失敗してしまったので、正しいやり方は17へ移動してください。)

——————————————————————————————————

7.Output directoryで、出力先のフォルダを指定(今回は新しく「tank1」というフォルダを作成した)して

「Export .X File」ボタンを押す。

8.結構時間がかかるが、xファイルと、テクスチャーであるjpg, pngファイルが数枚出力される。

9.MMDのテクスチャー(ポリゴンに画像を張り付けて、模様などをつけるとき、その画像をテクスチャーというらしい。)

はbmpかtagのみだそうである。

よって、

「xファイルの書き換え(jpg, png→bmp)」と、

「jpg、pngファイルをbmpファイルへ変換する。」

が必要となる。

10.「xファイルの書き換え(jpg, png→bmp)」

xファイルをメモ帳で開き(重かった)、最初の方のjpg, pngという文字列をbmpに変換する。

11.「jpg、pngファイルをbmpファイルへ変換する。」

http://www8.plala.or.jp/kusutaku/iview/

から、IrfanView32 日本語版 ver.4.25をダウンロードしてインストール。

100225-014

12.InfanViewを起動し、画像ファイルをIrfanViewの枠内に全てドロップ。「ファイル」→「サムネイル」

100225-016

100225-018

13.「ファイル」→「サムネイル(T)」を選択し、「IrfanViewサムネイル」の画面にする。

100225-019

「オプション」→「全て選択」

100225-020

14.「ファイル」→「 選択画像で一括変換を行う」

100225-021

15.変換後の形式を「BMP-Windows Bitmap」にして、保存フォルダを、「tank101」(tank101フォルダも作成)にする。

「実行」ボタンを押す。

100225-022

16.フォルダの場所をうつす。でMMDで開いてみても、うまく読み込めず。やり直し。

——————————————————————————————————

17.skpファイルのダウンロード。

18.変換する際、

Rename Texture filename: テクスチャファイルのjpg、pngの拡張子をtga拡張子に変更して出力します。

のチェックボックスをONにする。

100225-013

「Export .X File」を押して、しばらく待つ。(結構CPUの能力を使うらしい。)

100225-015

19.InfanViewでjpg,pngをtga形式に変換。

tga形式(Truevision Targa)は画像ファイルの形式らしいですが、生まれて初めて聞きました。

20.xファイルとtgaファイルを、自分のパソコンの、

C:/ (省略)/MikuMikuDance_v615/UserFile/Accessory/Google3D/tank102/

に保存。

100225-023

21。MMDでアクセサリ操作画面から開いてみる。

戦車の後ろの部分がなぜか青くなってしまったが、今回は気にしないことにする。

直す必要があれば、メタセコイアや、PMDEditorを使うとよいのかもしれない。。。

100225-024

22.これでだめだったらあきらめようとおもったが、数秒間してから、、、やった!なんとか入れることができました。

100225-004

はちゅねミクとの共演

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする