Windows10パソコン購入直後の設定2018年12月版

前のパソコン(RZ4)がときどきフリーズしだしたので、以下のパソコンを購入した。

Panasonic CF-RZ6

Core i5-7Y57

RAM 8GB

Windows 10 Pro

1803

購入直後の個人的設定をメモに残す。

(1)セットアップ直後の画面はEdge

とりあえず、Panasonicのソフトでリカバリディスク(DVD4枚)を作成

(2)以下の通りに設定

http://i-doctor.sakura.ne.jp/web/doku.php?id=z_blog:2018:181219_windows10_config

(3)WSL(Windows Subsytem for Linux)

これは便利。がんばってインストール。

なんとなく、Ubuntu 18.04を入れた。

途中、vi を使用することとなったが、i と、Esc と、:wq! で何とか乗り切る。

なお、

https://qiita.com/chez_sugi/items/fd2e5c39010daa858406

によると、

Windowsの、 C:\User\(ユーザ名)\Documents

と、

Ubutuの、 /mnt/c/Users/(ユーザ名)/Documents

が同じフォルダになるとのこと

VisualStudioCodeのターミナルの画面で、Ubuntuのコマンドを使いたい!

→できるらしい!

http://my-web-site.iobb.net/~yuki/2018-03/soft-tool/wsl-vscode/
image

http://my-web-site.iobb.net/~yuki/2018-03/soft-tool/wsl-ubuntu/

結局、

http://i-doctor.sakura.ne.jp/web/doku.php?id=z_blog:2018:181219_windows10_config

に記載のように、以下の環境となった。


Windows10 Pro (1803)
Windows Subsystem for Linux (WSL)
Ubuntu18.04
VisualStudioCodeのターミナル画面をWSLのBashに設定
anyenv 
nodenv 1.1.2-69-gced0e70
node 10.14.2

Windowsの C:/Users/a/a/
Ubuntuの /mnt/c/Users/a/a/
を共有し、anyenv, nodenv, nodeその他はWSLのUbuntu 18.04にインストールしている状態。


Ubuntuでnpm installを行うときの注意点。

npm installしても、直後にそのコマンドが使えないで焦ったことが何回もあった。

npm installの後に、必ず、

exec $SHELL -l

を打ち込むことが重要。(Windowsではインストール後にすぐコマンドが利用できるのに、、、)

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする