Ionic4とFirestoreとCapacitorで写真アップロードつきCRUDアプリを写経してみる(1)Ionic4アプリ作成とCapacitorのインストール

前回、Ionic4とFirebaseでCRUDアプリの作成方法を写経してみた。

『Ionic4とFirebaseでパスワード制限つきチャットアプリ』を写経してみる(2)チャットルームの作成と外観の調整(ソースコードあり)
@angular/fire(旧AngularFire2)を用いないIonic4-Firebaseチャットアプリの解説サイトがあった(日本語!...

FirebaseとFirestoreというものがあるらしいのだが、

『Firestoreの方が検索がしやすい』

らしいと聞きかじりました。

参考:https://qiita.com/Yamamoto0525/items/5a0459712deada850b85
@Yamamoto0525
2018年07月18日に更新
Angular + Firebaseで作ったWEBサービスをリリースしたので、たまった知見を書き出してみる

以下のサイトからメールアドレスを登録すると、『capacitorを用いたカメラ画像を保存できるIonic4アプリ』作成方法についての、無料のPDFファイルをダウンロードすることができます。

https://javebratt.com/firebase-free-course/

とりあえず、メールアドレス登録だけで、74ページのPDFファイルをダウンロードできたので、それを写経してみたいと思います。

(1)Ionic4からFirebaseへの接続
(2)Firebaseでのauthentication(認証)
(3)FirestoreでのCRUD
(4)Firebaseへの画像のアップロード(Capacitor)
(5)Firebaseのセキュリティーのルール

について、学ぶことができるとのことです。

写経経過の目次:http://twosquirrel.mints.ne.jp/dokuwiki/doku.php/ionic4%E3%81%A8firestore%E3%81%A7crud#ionic4%E3%81%A8firestore%E3%81%A8capacitor%E3%81%A7%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A4%E3%81%8Dcrud%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA

(開発環境)
image
Visual Studio Code

(0)

(1)ionicとcordovaのインストール

C:/ionic4/ フォルダをVisualStudioCodeで開き、Ctrl+@ で、コマンドプロンプトを開き、以下を入力してEnter

image

Ionic4アプリの新規作成

image

image

image

Ctrl + C => y + Enter で一度サーバ停止。

C:/ionic4/ionic4-firestore-camera-crud フォルダをVisualStudioCodeで開く。

(2)package.json ファイルを編集

スマホアプリ用プラグイン関連ソフトとして、Cordovaではなく、Capacitorを用いるために、以下の操作を行う。

image

image

これで、

@ionic-native/core
@ionic-native/splash-screen
@ionic-native/status-bar

がuninstallされた。

ここで、そのまま、ionic serve してみると、以下のようなエラー。

imagea

どうやら、app.module.ts から、上記3つを削除しなければいけないらしい。

src/app/app.module.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

src/app/app.component.ts

(変更後)
image

今回、ionic-native を npm uninstallした代わりに、後で、

ionic integrations enable capacitor
ionic build

を行う予定です。

(3)Firebaseのインストールと、PageやServiceの作成

で、firebaseをインストールした後、

にて、各ページを作成し、

image

にて、各サービスを作成する。

image

(4)Capacitorのインストール

以下を入力して、Cpacitorを利用できるようにする。

今回は、後で、カメラプラグインを用いる予定である。

image

拡大すると、以下とのこと

image

image

androidの設定

image

後で、Capacitorのcamera pluginを用いるそうだが、とりあえず、以下のように変更。
(Status bar と Splash Screen)

app.component.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

なお、app.module.ts は変更していないが、大丈夫かどうかは、、、分からない。

(5)GitHubに登録

.gitignore

(変更前)
image

(変更後)
image

参考:https://qiita.com/fuwamaki/items/3ed021163e50beab7154
image

Githubに新規repository登録

image

SourceTreeでローカルのフォルダを指定し、上記リポジトリのアドレスを設定。

image

image

image

image

なぜか、environment.ts が消えていなかったので、もう一度

そのあと、git commit and git push

image

image

README.md を作成

image

ここまでのソースコード

https://github.com/adash333/ionic4-firestore-camera-crud/tree/67451b06ae70b3b0c86d934d19d1e9da37c769af

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする