『Ionic4とFirebaseでパスワード制限つきチャットアプリ』を写経してみる(2)チャットルームの作成と外観の調整(ソースコードあり)

@angular/fire(旧AngularFire2)を用いないIonic4-Firebaseチャットアプリの解説サイトがあった(日本語!)ので、写経している。

https://qiita.com/s_kozake/items/6c7a0cec75c957606a33

前回は、SignUp, SignInページの作成を行った。

『Ionic4とFirebaseでパスワード制限つきチャットアプリ』を写経してみる(1)Firebase設定とSignInとSignUpページの作成
前回まで、@angular/fire version5(旧AngularFire2)を用いて、Firebaseを用いたチャットアプリを写経し...

今回はその続きです。

(開発環境)
image_thumb

git version 2.17.1.windows.2
Sourcetree Version 2.6.9.0
VisualStudioCode 1.27.2

(今回構築した環境)
firebase-tools@4.2.1
firebase@5.5.1

(0)やること

(1)FirebaseコンソールでRealtime Databaseの作成

Firebaseのコンソール画面で、 Database > ルール で、以下のようにルール設定して、公開 をクリック

image

(2)ルーム画面

src/app/room/room.page.html

(変更前)
image

(変更後)
image

image

src/app/room/room.page.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

Menuボタン(ハンバーガーメニュー)を押して、SignOut をクリックしたら、ちゃんとサインアウトして、SignInページへ移動した。
また、メールアドレスとパスワードを入力(SignUpのときに登録したもの)を入れてSignInをクリックしたら、ちゃんとログインできた。

image

ここまでのソースコード。

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat2/tree/c627d57ec33f8953737a13f40e57d423d23bdd6d

(3)ルーム一覧の表示

src/app/room/room.page.html

(変更前)
image

(変更後)
image

src/app/room/room.page.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

image

ここまでのソースコード

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat2/tree/a3eea8199f7b6e6d99e00e36097b4aab86d85833

(4)ルーム作成画面

image

src/app/add-room/add-room.page.html

(変更後)
image

src/app/add-room/add-room.page.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

add-room ページから、ページ作成できることを確認。

image

firebase上にも書き込まれていることを確認。

image

ここまでのソースコード。

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat2/tree/dd886e69bd2de6c3e05a192e8d8663ee75be1f64

(5)チャット画面の作成

image

チャット画面では、どのルームかを判別する為に、URLでルームIDを受け取る。
チャットのRouteパスにKeyの指定を追加する。

src/app/chat/chat.module.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

チャットルームの右横のアイコンをクリックすると、チャットルームへ移動する。

image

src/app/chat/chat.page.html

(変更前)
image

(変更後)
image

image

src/app/chat/chat.page.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

image

image

ここまでのソースコード

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat2/tree/3d0842c979812ec7fe3b07119fd6a0615d38dd9c

(6)Chatルームの外見その他を調整

(6-1)nicknameを、メールアドレスの@マークよりも前の文字列にする。

image

参考:http://migo-media.com/js-cutout/
image

(6-2)chat.page.scss

(変更前)
image

(変更後)
image

chat.page.ts

image

image

ここまでのソースコード

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat2/tree/f5b5e5b28daee5f84eec5c41dabfbfae253761da

(7)もう少し外見を調整

chat.page.html

image

ソースコード

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat2/commit/599e26c5bd71ed631b38bde1fd65d86071fc5385

もう少し変更

src/assets/imgs/ フォルダに、「いらすとや」からダウンロードした

kuma.png
usagi.png

を保存。

image

本当は、チャットルーム削除や、チャット内容削除ボタンを実装してみたかったりもするが、とりあえず、今回はここまでとする。

ソースコード

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat2/commit/4e43c48103e7d37424c813f860638477389e291f

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする