Ionic4+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリ(4)@angular/fire(v5)でFirebaseのリスト表示とCreateまで

前回は、チャットの日付のフォーマットの調整を行いました。

Ionic4+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリ(3)Angularのpipeで日付フォーマット調整
前回は、チャット画面を作成ました。 今回は、引き続き、以下のサイトを写経して、チャットの日付表示を実装します。 ...

今回は、引き続き、以下のサイトを写経して、Firebaseの設定を行います。

https://qiita.com/Yamamoto0525/items/fb23707831ff6d181544
image

(開発環境)
image_thumb_thumb_thumb

git version 2.17.1.windows.2
Sourcetree Version 2.6.9.0
VisualStudioCode 1.27.1

@angular/fire@5.0.0
firebase@5.5.0
promise-polyfill@8.1.0

(0)やること

公式サイト:https://github.com/angular/angularfire2/blob/master/docs/ionic/v3.md
image

(1)firebaseその他のnpmインストール

2018年9月現在、angularfire2から、@angular/fire に変更になったらしいです。

image

参考:https://www.npmjs.com/package/@angular/fire
image

(2)Firebaseのセットアップ

Firebaseにログイン(Googleアカウントが必要、なければ作成)して、「プロジェクトを追加」で、適当な名前を入力して、Firebaseプロジェクトを作成します。

以下を参考にしてください。

Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(1)
自分のスマホのlocal Storageにデータを保存するTODOアプリは、以下の本に記載されている。(PWAとして、オフラインでも使用でき...

image

(3)src/enironments/environment.ts に、以下のように、firebaseの設定を、一部コピペする。

(変更前)
image

(変更後)
image

(4)app.module.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

RsJS6になったことと、AngularFire2関連がv5.0になって微妙に変化したこと、

に注意しながらやっていく。

(5)src/home/home.page.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

image

src/home/home.page.html

(変更前)
image

(変更後)
image

Firebaseに書き込んでみる

image

もう一度みてみると、Firebaseに記載した文字列が、ちゃんとIonicで表示されている。image

現時点でのソースコード

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat/tree/e578012b1cd93bc1599a4201e8793b22cb6f72b7

引き続き、以下のサイトを@angular/fire version5 に変更しながら、写経していく。

https://qiita.com/Yamamoto0525/items/c1ec1b7ce2350b294aeb
image

@angular/fire v5 (Angularfire2 version5)については、以下のサイトが分かりやすい。

https://grokonez.com/frontend/angular/angular-6-firebase-tutorial-crud-operations-angularfire2-v5
image

● Firebase+@angular/fire version5 で、CRUDの実装を行う。

(6)新しいデータの作成と読み込み

<AngularFireListについて>

https://github.com/angular/angularfire2/blob/master/docs/rtdb/lists.md
image

上記公式サイトによると、例えば、”items”をリスト表示したい場合は、以下のように記載するらしい。

また、AngualrFireList の push メソッドを用いて、Create(データを追加)したい場合は、以下のように記載するらしい。(こちらのサイトが非常に分かりやすいです。)

上記に従い、新しいコメントを作成する。

app/services/comment.serviece.ts の作成

image

(変更後)
image

この後、結局、comment.service.ts は使用しないこととした。

(6)新しいコメントの入力

src/app/homehome.page.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

image

ここで、チャット画面に文字を入力して、SENDをクリックすると、Firebaseの comments/ 下に、コメントその他が入力された。

(7)作成したデータを読み込む

src/app/home/home.page.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

image

home.page.html

(変更前)
image

(変更後)
image

書き込めるようになった。Firebaseに書き込まれて、それが自動的に表示されている。

image

しかし、Dateが反映されていない。。。

ここまでのソースコード(Dateはうまくいっていません。。。)

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat/tree/e0b14ad35838646c6de1ed5533b668c8c2e57581

(8)Dateが反映されるように、写経元サイト通りに、moment.js をインストール。

app/models/chat.ts

(変更後)
image

home.page.ts

(変更後)
image

image

home.page.html

image

ちょこっと変更。

image

最初からmoment.js をインストールすればよかった。。。

ソースコードは以下。

https://github.com/adash333/ionic4-firebase-chat/tree/aaf7622fb622286c9815b039470ee5f537ad1041

しかし、@angular/fire V5(旧Angularfire2)の使い方がさっぱりわからない。。。

とりあえず写経はここまでとして、次は、以下のサイトを写経してみたい。

https://qiita.com/s_kozake/items/6c7a0cec75c957606a33

参考:https://github.com/angular/angularfire2/blob/master/docs/version-5-upgrade.md
image

https://grokonez.com/frontend/angular/angular-6-firebase-tutorial-crud-operations-angularfire2-v5
image

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする