RStudioCloud(alpha版、2018年8月現在無料)が便利すぎる

2018年8月現在、alpha版とのことで、無料のようですので試してみました。

ただし、アップロードしたデータは、すべて、他の人に見られる状態なってしまうそうなので、利用する場合は、注意してください。

(1)以下のサイトへ行き、Get Started をクリック。

https://rstudio.cloud/
image

その後、私はGoogleアカウントでログインしてみましたが、メールアドレスで登録もできるようです。

(2)ログイン後の画面

画面右上の方の、「New Project」をクリックして、新規プロジェクトを作成

image

(3)新規プロジェクトを作成の画面

Windowsパソコンに、RStudioをインストールしたときと同様の画面が出てくる

image

WorkSpaceの名前は、クリックすると変更することができる。

image

(4)プロジェクト内に、RNotebookを作成

File > New File > R Notebook

で、新規RNotebookを作成できる。(RStudioと同じ)

image

image

image

image

RNotebookファイルの保存する。下図のように、保存 ボタンをクリック

image

image

File Name のところに、180809_002 と入力して保存。

image

以下のように、2つのファイルが作成される。

image

(5)自前のcsvファイルの用意とアップロードとRNotebook内での表示

以下のようなエクセルファイル book2.xlsx があるものとします。

image

ファイル > 名前をつけて保存 で、.csv 形式で保存する。

image

book2.csv という名前で保存した。

image

RStudioCloudの画面で、画面右下付近の、Upload をクリック

image

image

先ほどの book2.csv を選択したのち、OK をクリック

image

ちゃんと、book2.csv が、RStudioCloud内にアップロードされた。

image

(6)RNotebook(180809_002.Rmd)から、アップロードした自前データ(book2.csv)を読み込み、Rのスクリプトを実行する。

ここからは、WindowsパソコンでRStudioを使用するときと変わりはないようです。

(変更前)
image

(変更後)
image

図のグレーの部分(チャンクと呼ぶらしいです)の右上の緑の△ボタンをクリック

image

画面上のPlotsの下あたりの、”Preview” または、”Knit”となっているところをクリックして、html を選択して、htmlファイルを作成

image

1回目はうまくいかず、Try Agatin をクイックしてねと言われて、クリックすると、新しいウィンドウが開いて、以下のように表示された。

image

(7)Rmdファイルと、作成したhtmlファイルを自分のパソコンにダウンロード

ダウンロードしたいファイルの左横のチェックボックスをONにしてから、

image

図のように、 More > Export をクリック

image

以下のような画面になるので、Download をクリックして、ZIPファイルをダウンロードする。(htmlファイルだけダウンロードしてもよいかもしれない。)

image

ダウンロードされた中身は、以下のようになっている。

image

これは、RStudioを自分のパソコンにインストールしなくてよいし、ファイルはクラウドに保存しておけるし、むちゃくちゃ便利!

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする