Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(5)パスワード制限つきVersion3(ソースコードあり)

Ionic3とFirebaseを使って、パスワード制限つきTODOアプリ(WEBアプリとしてNetlifyにデプロイしてPWA形式でオフラインでも使用できるもの)を作成しているシリーズの最終章。

以下の本を非常に参考にさせていただいています。お勧めです。

<目次>
Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(1)
Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(2)FirebaseAuthでパスワード制限
Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(3)パスワード制限つきVersion2その1
Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(4)パスワード制限つきVersion2その2
Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(5)パスワード制限つきVersion3

ソースコードは以下のリンク先へ
(src/environments/environment.ts はご自身のFirebaseのapiKeyを入力してください。)

https://github.com/adash333/ionic3-firebase-todo3

(開発環境)
Windows 8.1 Pro
VisualStudioCode
git version 2.16.1.windows.4
Sourcetree Version 2.4.8.0
Android Studio 3.0.1

Node v8.11.2
npm 6.1.0
@ionic/cli-utils 1.19.2
Ionic (Ionic CLI) 3.20.0
Ionic Framework    : ionic-angular 3.9.2

firebase@4.8.0
angularfire2@5.0.0-rc.4
promise-polyfill@8.0.0

C:/ionic3/ フォルダに、ionic3-firebase-todo3 というIonic3アプリを作成している。

(0)今回すること

前回は、1ページ目はタスク追加、2ページ目でタスクリストを表示して、編集や削除を行えるようにしていた。

Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(4)パスワード制限つきVersion2その2(ソースコード一部あり)
前回は、上記の本に記載されているTodoアプリを写経して、localStorage、すなわち、各々のブラウザにデータの永続化を行った。 ...

今回は、タスク追加、タスクリスト、編集、削除を一つの画面で行えるようにしたい。

(1)Ionic3アプリの作成

C:/ionic3/ フォルダを、VisualStudioCodeで開き、Ctrl+@でコマンドプロンプトを表示して、以下を入力。

image

image

image

Ctrl+C => y + Enter で、一旦、サーバを止めてから、VisualStudioCodeを閉じて、
再度、C:/ionic3/ionic3-firebase-todo3/ フォルダを、VisualStudioCodeで開く。

(2)firebase@4.8.0 angularfire2@5.0.0-rc.4 promise-polyfillをインストール。

image

(3)firebaseのセットアップと、src/enironments/environment.ts の新規作成と、src/app/app.module.tsの修正。

https://console.firebase.google.com/ にログインして、firebaseアプリを作成する。

こちらの記事の「(2)Firebaseのセットアップ」と全く同様に設定する。

ただし、この時点では、Databaseのルールが、以下のような設定になっている。
(あとで必ず、認証が必要なルールに戻す。)

image_thumb1

次に、こちらの記事の「(3)src/enironments/environment.ts の新規作成」と全く同様に設定する。

src/environments/environment.ts (新規作成)
image

さらに、こちらの記事の「(4)src/app/app.module.ts の修正」と全く同様に設定する。

src/app/app.module.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

(4)src/index.html を編集してPWA化

今回はWEBアプリのみの予定なので、<script src=”cordova.js”> のところもコメントアウトしておく。

(変更前)
image

(変更後)
image

(5)HomePageをLazy Loadingにする

HomePageはデフォルトでは標準読み込みになっているが、すべてのページがLazy Loadingの方が管理がしやすいので、HomePageもLazy Loadingにする。

src/pages/home/home.module.ts (新規作成)
image

src/pages/home/home.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

src/app/app.module.ts の変更
image

src/app/app.component.ts の変更
image

Lazy Loadingで呼び出す場合は、文字列 ‘HomePage’ として呼び出している。

これで、HomePageをLazy Loadingで読み込むようになった。

(6)task モデルの定義(src/models/task.tsの新規作成)

後で必要になるので、nameだけではなく、keyも定義しておく。

src/models/task.ts (新規作成)
image

(7)TaskProviderの作成

コマンドプロンプトで以下を入力して、TaskProviderを作成する。

コードの見通しをよくするため、firebaseとの通信は、こちらに記載しておく。

image

src/providers/task/task.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

コードは、以下と全く同じです。

https://github.com/adash333/ionic3-firebase-todo2/blob/master/src/providers/task/task.ts

(8)Firebaseにあるタスクリストの表示

src/home/home.html

(変更前)
image

(変更後)
image

src/home/home.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

image

(9)タスクの追加

値のバリデーションとして、今回は、「必須入力」「3文字以上、20文字以下」に設定する。

Form全体でValidationを行うために、home.htmlの、Formタグに #f=”ngForm”を追記してある。

home.html
image

home.ts
image

home.htmlの実行画面から、firebase上にタスクを追加することができた。

(10)タスクの編集と削除

home.html
image

home.ts
image

image

image

image

削除もできた。

image

(11)email & passwordによるパスワード制限

これは、以下の記事の通りにやる。

Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(2)FirebaseAuthでパスワード制限
前回は、Ionic3とFirebaseで、(AngularFire2 Version5を用いて)Todoアプリを作成した。 このままの状態...

こちらの記事の「(1)AngularFire2を使うための準備」の通りに、Firebaseを操作する。

Database > ルール をクリック。

image

認証しているユーザーは全てのデータにアクセス許可する方式に変更。image

この時点で、以下のようになる。

image

(12)LoginPageの作成と、AuthProviderの作成。

今回は、自分でFirebase Consoleでユーザー登録するので、ResetPasswordPageとSignupPageは作成しない。

ローカルのVisualStudioCodeのターミナル画面で、以下を入力して、LoginPageの作成と、AuthProviderの作成を行います。

ionic generate page Login ionic generate provider Auth

image

(13)authenticaton observerの作成

例えば、Mikeが一度メールアドレスとパスワードでアプリにログインした後に、後日、またログインし直すのは面倒。ログアウトしない限り、2回目以降はログイン入力は省略したいような場合、auth listener を作り、2回目以降はLoginPageを飛ばして直でHomePageへ誘導するようにする。

src/app/app.module.ts

image

src/app/app.component.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

afAuth.authState の、subscribe()関数で、userの状態を監視し、

user が authenticated(認証済み) であれば、 HelloIonicPageに移動
userが not authenticated(未認証) であればLoginPageへ移動

そして、ページ遷移が終了したら、unsubscribe()関数で、監視終了.

(14)AuthProviderの作成

src/providers/auth/auth.ts
image

AuthProviderに以下の4つの関数のうちの2つを定義しています。image

(15)LoginPageの作成

今回は自分でFirebaseでパスワードなどを設定するので、validationなどは行う必要はないのだが、前回のコードをコピペする。

login.html
image

src/validators/email.ts (新規作成)
image

login.ts
image

image

image

Firebaseがログイン処理を行って居る際に用いるLoadingController と、Firebaseの処理にエラーが出たときに表示するためのAlertControllerをimport

また、FormBuilder関連、AuthProvider、EmailValidatorをimport その他、いろいろ、こちらを参考に。

一度、Ctrl+C でサーバ停止してから、再度、ionic serve

Firebase consoleで設定したメールアドレスとパスワードでちゃんとログインできた。

image

(16)logout()関数

home.html
image

home.ts
image

image

うまくいかないが、Netlifyにデプロイした後は、うまくいっていたので、とりあえずこのままとする。

(17)アイコンその他の変更

image_thumb11

image_thumb[1][1]

src/manifest.json
image

これで、(BitBucketを経由して)NetlifyにデプロイしたアドレスにAndroidスマホのChromeからアクセスして、

● chromeの画面右上の、点が縦に3つ並んでいるアイコンをクリック > ホーム画面に追加 > 追加 で、PWA(Progressive Web Apps)としてインストール

●次回以降は、スマホの画面から、「TODO3」をタップして起動すれば、スマホアプリとしてオフラインでも利用できる。

Screenshot (2018_07_16 午後11_18_50) Screenshot (2018_07_16 午後11_19_05) Screenshot (2018_07_16 午後11_19_19) 

(18)ソースコード

https://github.com/adash333/ionic3-firebase-todo3

src/environments/environment.ts は、ご自身で作成して、ご自身のfirebaseのAPIキーその他をコピペしてください。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする