Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(2)FirebaseAuthでパスワード制限

前回は、Ionic3とFirebaseで、(AngularFire2 Version5を用いて)Todoアプリを作成した。

Ionic3とFirebaseでTodoアプリ(1)
自分のスマホのlocal Storageにデータを保存するTODOアプリは、以下の本に記載されている。(PWAとして、オフラインでも使用でき...

このままの状態では全世界にTodoリストが公開されてしまうので、Firebaseを利用したパスワード制限をかけたい。

(開発環境)
Windows 8.1 Pro
VisualStudioCode
git version 2.16.1.windows.4
Sourcetree Version 2.4.8.0
Android Studio 3.0.1

Node v8.11.2
npm 6.1.0
@ionic/cli-utils 1.19.2
Ionic (Ionic CLI) 3.20.0

firebase@4.8.0
angularfire2@5.0.0-rc.4
promise-polyfill@8.0.0

C:/ionic3/ フォルダに、ionic3-firebase-todo というIonic3アプリを作成している。

(0)今回すること

以下の記事を参考に、ほぼコピペする。

Ionic3でオンラインランキングつきクイズアプリ(2)パスワード制限をつける
以前、Ionic3でクイズアプリを作成した。 前回は、これに、Firebaseを用いたオンラインランキングを加えた。今回は、これに、Fir...

(1)AngularFire2を使うための準備

Firebase Consoleにログインして、前回設定したアプリをを開く。

https://console.firebase.google.com/
image

Authentication > ログイン方法 をクリック

image

メール/パスワード をクリックして、有効化する

image

image

ユーザー > ユーザーを追加 をクリックして、適当なメールアドレスとパスワードを入力。(覚えておく。)

image

image

Database > ルール をクリック。

image

認証しているユーザーは全てのデータにアクセス許可する方式に変更。(デフォルトでは、たしか、このルールだったと思います。)

image

公開 をクリック。

image

この時点で、認証されていないとfirebaseのデータに接続できなくなるので、HomePageが表示されなくなる。

image

(2)LoginPageの作成と、AuthProviderの作成。

今回は、自分でFirebase Consoleでユーザー登録するので、、ResetPasswordPageとSignupPageは作成しない。

ローカルのVisualStudioCodeのターミナル画面で、以下を入力して、LoginPageの作成と、AuthProviderの作成を行います。

image

(3)authenticaton observerの作成

例えば、Mikeが一度メールアドレスとパスワードでアプリにログインした後に、後日、またログインし直すのは面倒。ログアウトしない限り、2回目以降はログイン入力は省略したいような場合、auth listener を作り、2回目以降はLoginPageを飛ばして直でHomePageへ誘導するようにする。

src/app/app.module.ts
image

app/app.component.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

afAuth.authState の、subscribe()関数で、userの状態を監視し、

user が authenticated(認証済み) であれば、 HomePageに移動
userが not authenticated(未認証) であればLoginPageへ移動

そして、ページ遷移が終了したら、unsubscribe()関数で、監視終了.

image

(4)AuthProviderの作成

src/providers/auth/auth.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

AuthProviderに以下の4つの関数のうちの2つを定義しています。image

(5)LoginPageの作成

今回は自分でFirebaseでパスワードなどを設定するので、validationなどは行う必要はないのだが、前回のコードをコピペする。

login.html

(変更前)
image

(変更後)
image

login.ts
image

src/validators/email.ts (新規作成)
image

Firebaseがログイン処理を行って居る際に用いるLoadingController と、Firebaseの処理にエラーが出たときに表示するためのAlertControllerをimport

また、FormBuilder関連、AuthProvider、HomePage、EmailValidator(これから作成)をimport その他、いろいろ、こちらを参考に。

一度、Ctrl+C でサーバ停止してから、再度、ionic serve

image

Firebase consoleで設定したメールアドレスとパスワードでちゃんとログインできた。

image

(6)ログアウトボタンを作成

home.html
image

home.ts
image

image[

このままだと、ログアウト後にHomePageのままで、以下のような画面になってしまう。

image

そのため、ログアウトと同時にログイン画面に移動するように設定する。

home.ts
image

import { LoginPage } from ‘../login/login’;  も上の方に記載しておく。

(7)PWA化

src/index.html

(変更前)
image

(変更後)
image

(8)Netlifyにデプロイ。

あらかじめ、Bitbucketにアップロードしておき、そこから、Netlifyにデプロイ。

npm run bulid –prod
www/

後は、自分のスマホなどからアクセスして、PWAとしてスマホに保存しておけば、オフラインでも利用できる。

(9)Androidスマホで実際に触ってみる

PWAはアプリのビルド(Andoirdであれば、apkファイルの作成)が不要なのでかなり楽!

NetlifyにデプロイしたサイトをAndroidスマホ Zenfone 4 Max で見てみた。

image Screenshot_20180715-005214

ところが、編集ボタンと、削除ボタンをタップしても、テキストのところが選択されるだけで、うまく編集したり、削除したりすることができない。

原因は不明。

パソコンでクリックするのであれば、うまく機能するのに。。。

UI(User Interface)を変える必要がある。

次回は、以下の本に記載されているTodoアプリを参考にして、Firebase利用パスワード制限つきDodoアプリを作成したい。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする