フリーソフトのみでバーチャルYouTuberになる(5)フリー配信ソフト「OBS Studio」で録画してYouTubeにアップロード

<VTuberになる方法を調べてみる 目次>
(1)スマホアプリ「ホロライブ」と「Mirrativ」
(2)WEBカメラ不要キャラクターモーションソフト「メイアライブ」
(3)WebカメラとChromeだけでキャラ動画を録画「FaceTuber」
(4)音声変換フリーソフト「MorphVOX Jr」
(5)フリー配信ソフト「OBS Studio」で録画してYouTubeにアップロード ←この記事

今回は、フリーの配信ソフトOBS Studioについて触ってみます。

(環境)
Panasonic CF-RZ4(備え付けのマイク(サウンドと一緒なのだと思います)使用)
Windows 8.1
メイアライブ
MorphVOX Jr

(1)OBS Studioのダウンロードとインストール

https://obsproject.com/ja/download
image

107MBあります。ダウンロードに3分くらいかかりそうです。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストール.

image

image

image

image

image

image

私は、ライブ配信は怖いので、録画に最適化 を選択しました。

image

image

image

どうやらこれでインストールと設定が終わったらしい。

(2)やってみる

最初の画面を見ただけでは、全く使い方は分からない。

以下のサイトを見ながらやってみる。

https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/491.html
image

(0)やりたいこと

●BGMを流す
●背景にパソコンのVisualStudioCodeの画面
●背景の上に、メイアライブの3Dモデルを加えて動かす。
●恋声でHello World! を音声変換して
●動画を作成
(本当は自動的に字幕をつけたかったが、今回は見送り。。。字幕は2度手間だけど、後でaviutl でつけようかと。。。)

(1)BGMを流す

パソコンで何かしらの音楽を流しておく。今回は、Music Centerというソフトで音楽を流した。

(2)背景にパソコンのVisualStudioCodeの画面

画面左下の方にある、「ソース」画面の「+」をクリック

image

image

image

image

キャプチャしたいウィンドウを選択して、OK

image

image

(3)背景の上に、メイアライブの3Dモデルを加えて動かす。

メイアライブを起動。(ノートパソコンなので、400×300で起動)

image

キーボードの「4」をを押して、背景を緑にする。

image

OBS Studioのソースから、呼び込む。

image

大きさを調整

image

緑の部分を選択した状態(赤枠が表示された状態)で右クリック > フィルタ

image

画面左下の + をクリックして、クロマキー をクリック

image

image

image

image

これで3Dモデルの背景が透明になる。

image

(4)恋声でHello World! を音声変換

恋声 を起動して、M→W をクリックして、マイクボタンをクリック

image

(5)動画を作成

画面右下の録画開始 をクリックして、Hello World! としゃべってから、録画停止。

image

flvファイルが、PC > ビデオ に保存された。BGMと恋声からの音声も録音されていたが、マイクに向かってしゃべった自分の声も録音されてしまっていた。

image

image

そこで、マイクの音量をところを一番左にドラッグして、再度録画し直した。

image

image

image

今度はマイクからの声が入っていなかった。

(6)動画をyoutubeに投稿

今回できたのはflv形式の動画。正直、動画の形式は、aviとmp4しか知らない。。。

しかし、以下のサポートページを見ると、youtubeにflv形式のまま、アップロードできそうな感じ。

https://support.google.com/youtube/troubleshooter/2888402?hl=ja
image

アップロードしてみる。

https://www.youtube.com/upload
image

(7)アップロードした結果、、、

フリーソフトのみで、動画作成自体はかなり簡単でした。

字幕をあきらめれば、(説明動画を作成したいので、字幕なしはまずいか、、、)かなり簡単にVTuber動画は作れてしまいます!

あえて、難点をリストアップしておきます。今後の自分への課題です。

(1)非力なノートパソコンなので、メイアライブ を起動すると、いろいろなソフトがややカクカクになる。

→ デスクトップパソコンが望ましい。(少なくともGPUがちゃんと付属しているパソコン)

(2)メイアライブを動かすときに、メイアライブのウィンドウを選択した状態で「Shift」や、「A」を押さないと、3Dモデルが動いてくれない。

→ これは当たり前のことなので仕方ないのですが、口パクもできていないのかもしれません。たった14秒の動画を見た感じでは、口パクはできているような、できていないような感じでした。なんとか工夫して、OBS Studioの画面のままで、メイアライブのモーション入力ができないものかと思いました。

よくVTuberの方が使用されているのは、

Webカメラ + 「FaceRig」というソフト(1480円)

の組み合わせで、顔のモーションキャプチャをされているそうです。(顔の向きとか、ある程度の表情を作ることができるそうです。)

それでも、フリーソフトのみでここまで簡単にVTuber動画が作成できるなんて、びっくりすると同時に感動しました。

(参考)https://qiita.com/miyaoka/items/d1de877b1d3920e8475c
image_thumb[1]

https://blog.hiroshiba.jp/became-yuduki-yukari-with-deep-learning-power/
image

https://youtubernews.net/post-145/
image

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする