SPSSでGEE(一般化推定方程式)

SPSS GEE やり方

英語の本まで買ってがんばって読んでみたが、結局、私の技量では、RではGEEはできず。

SPSSでもちんぷんかんぷんでできなかったが、やり方だけ教えていただいた。

結果の見方など、はっきりいってちんぷんかんぷんだが、とりあえず、私の今回の個人的目標は達成した。

以下、自分でもよくわかっていないが、メモを残しておく。

 

SPSS, かなり高額。アカデミックで約20万円くらいか?

SPSSでGEE。2グループ(group A と、group B)の時刻t1と、時刻t2における、ある値yの拡大率に有意差があるか、GEEを用いて検定する方法。

(1)たとえば、以下のようなデータをSPSS上で作成

group ID    y(t1) y(t2) 拡大率

A        A01     20      100     5.0

A        A02     15       45      3.0

B        B01      22      44       2.0

B        B02       10       15       1.5

(2)メニューバーの、「分析」 → 「一般化線形モデル」 → 「一般化推定方程式」 をクリック

(3)タブがたくさん出てくるので、以下を選択。

(3-1)反復測定 タブ

「被験者変数」で ID を選択。

(3-2)モデルの種類 タブ

ユーザ指定 → 正規分布 → リンク関数は「同一」(アイデンティティ)を選択。

(3-3)応答 タブ

従属変数で、拡大率を選択。

(3-4)予測変数 タブ

「因子」でgroup を選択。

(3-5)モデル、推定、統計、推定周辺平均、保存、エクスポート タブ はそのまま。

 

(4)OKをクリック。

(5)結果が表示される。

最後から2つめの「モデル効果の検定」のgroup の有意確率が「.000」となってる場合、これはAとBの拡大率に有意差がある(p=0.000 …< 0.05)ということとなる。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする