NiftyCloudMobileBackendでHelloWorld!する

NCMBに慣れる(本当は、理由はないが、Firebase使いたい)ために、とりあえず、以下のサイトを写経してみる。

http://mb.cloud.nifty.com/doc/current/introduction/quickstart_javascript.html
image

(開発環境)
Windows8.1
VisualStudioCode

(0)NCMBのアカウントを作成し、1個、NCMBアプリを作成しているものとする。

アカウント作成とアプリ作成方法については、以下をご覧ください。

Monaca+NiftyCloudMobileBackendでオンラインランキング機能つき連打ゲームを写経してAndroidアプリ作成まで
Ionic3(またはAngular)で、クイズアプリと、その結果をサーバで管理して、ランキング表示を行いたい!と思ってググってみたが、見つけ...

(1)C:/ionic3/ フォルダに、ncmb001/ フォルダを作成し、その中にindex.htmlと、js/ フォルダを作成する。

image

(2)ncmb.min.js のダウンロード

以下のサイトから、ncmb.min.js をダウンロードして、上記のC:/ionic3/ncmb001/js/ フォルダに保存する。

https://github.com/NIFCloud-mbaas/ncmb_js/releases
image

今回は、v2.2.2 のSource code(zip) ファイルをダウンロードして解凍し、中身のncmb.min.js のみを、C:/ionic3/ncmb001/js/ フォルダに保存した。

image

上記ファイルを、下記フォルダにコピー。(ドラッグ&ドロップ)

image

(3)index.html ファイルの編集

index.html (新規作成)に、以下のコードを記載します。

image

上記のように入力。ただし、10行目の

のところは、NCMBで作成したNCMBサーバアプリの、「ダッシュボード」>「アプリ設定」の下の方にある、APIキー(アプリケーションキーと、クライアントキー)をコピー&ペーストする。

http://mb.cloud.nifty.com/
image_thumb6

image

(4)index.html をChromeで開く。

image

Ctrl+Shift+I で、デベロッパーツールを開く。

image

succeed と出ている。

NCMBのデータストアで確認。

TestClass をクリックすると、message のところに、Heelo, NCMB! と出ている。

これで、index.html から、NCMBのデータストアにテキストデータを送信し、保存させることができた。

image

結構簡単!楽しい!

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする