Ionic+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリ(7)(最終だけど途中)FirebaseAuthenticationでメールアドレス認証

Angular+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリの作成方法が解説されている以下のサイトをIonic3に少し改変しながら写経している。

https://qiita.com/Yamamoto0525/items/a76ea4b3924eeb82b0f9
image_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb_

前回は、「AngularのRxJSを使ってデータの受け渡しをする」まで(曲りなりに)写経した。

Ionic+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリ(6)RxJSを用いてデータの受け渡し(うまくいかず)
Angular+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリの作成方法が解説されている以下のサイトをIonic3に少し改変しながら写経...

今回は、その続きで、2018年6月時点で最後の、「Angular+Firebase Authenticationで認証機能を導入する」の写経をやってみたい。前回のRxJSによるデータの受け渡しがてきていないので、今回は無理かもしれない。。。

(開発環境)
Windows 8.1 Pro
VisualStudioCode
git version 2.16.1.windows.4
Sourcetree Version 2.4.8.0
Android Studio 3.0.1

image_thumb2_thumb_thumb_thumb_thumb[1]

firebase-tools
firebase@4.8.0
angularfire2@5.0.0-rc.4
promise-polyfill@8.0.0

(0)今回行うこと

●Firebase Authentication の設定

●AngularFireAuth を SessionProviderに組み込む

●LoginPageに認証機能を実装

(1)Firebase Authentication の設定

firebase consoleにログインして、今回使用しているプロジェクトを開く。

https://console.firebase.google.com/
image_thumb3

Authentication > ログイン方法 で、 メール/パスワード を 「有効」 にする。

image

テンプレート言語の設定を、「Japanese」に変更。

image

なお、ユーザー のところをクリックすると、メールアドレスとパスワードの組み合わせを、管理者としてあらかじめ登録することができます。

サインアップページを作らずに、完全招待制アプリとすることもできるようです。

image

ちなみに、Databaseのルールは、以下のようにしています。

image

(2)AngularFireAuth を SessionProviderに組み込む

src/providers/session/session.ts

(変更前)
image

AngularFireAuthとfirebaseをimport して、constructorの引数(?)に、afAuth: AngularFireAuth を定義

(変更後)
image

メールアドレスとパスワードを引数に渡す必要があるため、Passwordモデルを新規作成

src/models/password.ts (新規作成)
image

再び、SessionProvider で、アカウント作成の関数signup()関数を定義

src/providers/session/session.ts
image

image

前回作成したlogin()メソッドとlogout()メソッドに、AngularFireAuthのsignInWithEmailAndPassword()とsignOut()を追加する。

image

ここで使用したAngularFireAuthのメソッド

image

(3)ログイン画面に認証機能を実装する

サインアップ画面の実装

SessionProviderのメソッドを、ビューに設置していく。

今回は、Validationのために、FormModuleを使用する。

sign-up.ts に、SessionProviderをDI(Dependency Injection)し、submitSignUp()メソッドを追加する。

src/pages/sign-up/sign-up.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

ビューの実装

src/pages/sign-up/sign-up.html

(変更前)
image

ここ、AngularのビューをIonic形式に変更しようとがんばったが、無理だった。

見栄えは無視!

(変更後)
image

src/pages/sign-up/sign-up.scss 元サイトのコードをコピペ。

image

もうこれで実行してみる!

メールアドレスと、パスワード2回を入力すると、SIGN UP がクリックできるようになるので、クリック。

メールがすぐに届く。

image

メールのリンクをクリックすると、以下のようなページが出た。おお!

image

firebase console で確認すると、ちゃんと今回登録したメールアドレスがAuthenticationのユーザーのところに記載されている。

image

(参考)

http://www.htmq.com/html5/input_type_email.shtml
image

https://allabout.co.jp/gm/gc/23897/2/
image

(4)ログイン画面の実装

login.ts

(変更後)
image

image

login.html

image

image

src/pages/login/login.ts 元サイトのコードをコピペ。

image

(5)実行してみる。

先ほどのSignUp画面で登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインをクリック。

image

ログインに失敗したと出たのに、HomePageへ移動してしまっている。

まずい、、、

image

入力したメールアドレスが間違っていた。

image

しかし、Firebaseの方で、認証されていなければ、おそらく、ページ遷移はされても、firebaseからのデータは見ることができない(はず、、、)なので、とりあえず、今回はこれで終了とする。(なんと、現時点では、誰がコメントしても、(Tさん)のコメントになってしまうが、、、)

元サイトが更新されたら、また写経していきたい!

やっぱりちょこっと見栄えをionic風にして、login.scss と sign-up.scssは、ほぼ空に戻した。

image

(参考)https://ionicframework.com/docs/components/#floating-labels
image

git push

image

ここまでのソースコード(ここで一旦終了。)

https://github.com/adash333/ionic3_firebase_chat2/tree/bbb2a2a80d59f9a2026041b67d4d0923155469ab

(6)Androidアプリのビルド

image

何分かかかった。

image

image

app-debug.apk を、自分のGdriveを介して、自分のAndroidスマホ(arrows M03)にインストール。

Screenmemo_share_2018-06-14-22-42-04 Screenmemo_share_2018-06-14-22-44-52

Screenmemo_share_2018-06-14-22-45-26 Screenmemo_share_2018-06-14-22-46-16

しかし、やはり、パスワードを間違っても、チャットの中身が見えてしまった。。。

とりあえず、ここまで。

(参考)

https://www.joshmorony.com/prevent-access-to-pages-in-ionic-with-angular-route-guards/
image

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする