Ionic+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリ(3)AngularFire2を利用してIonicとfirebaseを接続

Angular+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリの作成方法が解説されている以下のサイトをIonic3に少し改変しながら写経している。

https://qiita.com/Yamamoto0525/items/a76ea4b3924eeb82b0f9
image_thumb_thumb

前回は、「Angularでビュー(チャット画面)を作る」まで(曲りなりに)写経した。

Ionic+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリ(2)
Angular+Firebaseでパスワード制限つきチャットアプリの作成方法が解説されている以下のサイトをIonic3に少し改変しながら写経...

今回は、続きの、「Firebaseの環境構築」からやっていきたい。

image_thumb2_thumb_thumb_thumb

image_thumb14_thumb_thumb_thumb

git version 2.16.1.windows.4
Sourcetree Version 2.4.8.0

(今回構築した環境)
firebase @5.0.4
angularfire2@5.0.0-rc.10
promise-polyfill@8.0.0

(1)Firebaseのセットアップ

以下のリンクからログインして、プロジェクトを新規作成して、「WebアプリにFirebaseを追加」をクリック。

https://console.firebase.google.com/
image_thumb3

image_thumb4

image_thumb5

このコードの一部を後で用いるので、テキストファイルとしてコピーしておく。

また、Database から、以下のようにruleを 変更して、公開 をクリック。(ただし、アプリの挙動を確認したら、最後にルールはfalseに戻しておく)

image

Firebase CLIのインストール

image

gmailのアドレスとパスワードでログインする。

image

(2)AngularのプロジェクトにFirebaseを導入する

次は、以下を写経していく。

https://qiita.com/Yamamoto0525/items/437a2884c0c51f5a3af8
image

以下のコマンドを入力して、firebaseとangularfire2をインストール。

image

Ionic3までは、AngularのようなRoutingがなかったのですが、こちらの記事によると、Ionic4でAngularのようなRoutingが出るかもしれないとのことです。

(3)IonicからFirebaseへ接続するための環境設定

src/environments/ フォルダを作成し、src/environments/environment.ts を作成し、(1)でコピーしておいたapiKeyを入力する。

なお、githubにソースコードをアップロードするときは、このsrc/environments/environment.ts  を、.gitignore に記載しておき、他の人から見られないようにしておくことが肝要です。

image

src/environments/environment.ts (.gitignore に入れておき、GitHubなどで公開するときには入れないようにする。)

image

src/app/app.module.ts を開いて、AngularFireModuleとenvironmentをインポート。

(変更前)
image

(変更後)
image

今回作成するアプリでは「認証」と「データベース」を使用するので、AngularFireAuthModuleとAngularFireDatabaseModuleをインポート

(変更後)
image

(4)Realtime Databaseを導入する

ライブラリの導入がうまくいっているか、Realtime Databaseで試してみる。

src/pages/home/home.ts

(変更前)
image

以下のようなコードを挿入。

(変更後)
image

image

このあとで、valueChanges(); の () が抜けていたためにエラーが出ていたので追加した。

image

src/pages/home/home.html を変更して、firebaseとやりとりできているかチェックする。

(変更前)
image

(変更後)
image

firebase consoleにログインして、databaseに直接入力して、ionicアプリが動くかためしてみる。

https://console.firebase.google.com/

image

item
  |-item
     |- initial      H
     |- content   firebase direct test
     |-name      Sato Hiroshi

のような感じで書き込んでみた。

image

ローカルでionic serveしたままで、Chromeを見ると、ちゃんと表示された!面白い!

image

image

しかし、なんか自動的には一番下までスクロールしてくれなかった。。。まあ、細かいことは気にしないことにする。

SourceTreeでGitHubにgit push

image

ここまでのソースコード(firebaseのAPI keyを記載しているsrc/environments/environment.ts は抜いてありますので、実行するときは新規作成してください。)

https://github.com/adash333/ionic3_firebase_chat2/tree/c9093cbea85904c2b3868540e40c3bdc42d59e1f

次は、「Angular+FirebaseRTDBでCRUD(CREATE, READ, UPDATE, DELETE)を実装する」を写経してみたい。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする