輪廻のラグランジェ

ご当地系、学園もの、美少女、ブヒブヒ、ロボアニメ。

絵もきれいで音楽よし、テンポよし、(軽めの)男性用シーンあり、戦闘シーンありで、1話を見る限り、2012Q1最高に面白そうである。

キーワードは、「まるっ!!」

(学園もの、)美少女、ロボアニメというのは、「マクロスF」や「コードギアス反逆のルルーシュ」が
個人的に大好きであるが、それにひとつ、

ご当地 : 今回は千葉県鴨川市(千葉県南東の太平洋に面した人口3万5千人の市)

というテーマが加わっている。

主人公は鴨川市の元気はつらつ女子高生
「輪廻(りんね)」という題名にもあるように、名前が「まどか」である。
魔法少女まどか☆マギカと同じで、また、「まどか」が主人公ですか、、、
と一瞬思ってしまったが、まあ、あまり気にしないことにしよう、、、

自動車会社の日産がロボットをデザインしているらしいが、これが私的には、流線型デザインで本当にカッコイイ!
ロボットの顔がカモノハシのようにも見える。鴨川市の鴨とかけているのだろうか?
ロボットのデザインといえば、私は「00ガンダム」に出てくる00ガンダムや、00クアンタが気に入っているのだが、
ガンダムとは違ったかっこよさがあると思う。
超個人的な趣味の話であるが、ロボットのデザインは「マクロスF」や、「アクエリオンEVOL」などは私の好みではない。
SEGAのゲームの、「電脳戦機バーチャロン」の「カトキハジメ」氏がデザインしているバーチャロンのロボットのデザインも好きであるが、
自動車デザイナーがデザインしたロボットとして、いままでないデザインのように思える。
飛行機形態からロボット形態に変形するのであるが、飛行機形態での操縦席は、オートバイそのものである。
そういえば、「コードギアス」のロボット「ナイトメア」も、オートバイのような感じではあった。

OPとEDの曲は、マクロスFの「中島愛」が歌っている。
両方とも曲の雰囲気は大好きであるが、OPの曲の途中に「まるっ!!」」と入れてあるあたり、
「マクロスF」の挿入歌「星間飛行」の「キラッ☆」を狙っているのだと思われる。
無理やり感が半端ないが、まあ、許容範囲内であろうか。

少しだけ残念なのは、「マクロスF」「アクエリオンEVOL」と同様に、出資者?の中にパチンコ業者?がいることだろうか・・・
これは、お金がないとアニメも作れないのであるから、仕方がないことではある。

アニメの紹介記事で、

http://www.otanew.com/news_3zxEG6hb8.html?right

にアメリカ?でインターネット配信と書いてあるので、

http://www.vizanime.com/

を見に行ったら、なんと、

「Thank you for your interest. We’re sorry, but our videos can
only be viewed from within the United States.」

との表示。なんじゃこりゃ。これはひどい。

と思ったら、日本では、

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=3182&mvc=2_0_176125_1

で見れるらしい。

まったく関係ないが、アメリカでの日本アニメの売り上げ?データ

http://www.animenewsnetwork.com/news/2011-04-15/america-2009-anime-market-pegged-at-us$2.741-billion

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする