2011Q4(10月から12月)アニメ感想

当初の感想

http://adash333.wordpress.com/2011/10/23/2011q410%E6%9C%88%E3%81%8B%E3%82%8912%E6%9C%88%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1/

から、最終話?を見て、このような感想。

●WORKING’!!
毎回本当に面白い!
一話完結であり、ほとんど事前の知識も不要であり、なおかつ毎回笑わせてくれる。
これは一般の人にも自信を持ってお勧めできる。

●Fate/Zero
戦闘アクションを楽しむアニメかと思いきや、話の内容を楽しむものであった。
第1話(説明が長すぎた)以外は、私にとっては非常に面白かった。
2期もあるとのことなので、期待して待っています。

●境界線上のホライゾン
途中で見るのをやめかけたが、続きが気になって最終話まで見続けた。
最終話は納得。面白かったです。

●ベン・トー
とても面白いのではあるが、今期はとにかくライバルが多すぎる。
第5話以降は、とりあえず録画して、後で見ようと思っています。

●侵略!?イカ娘
守りたい、この笑顔。
毎回楽しく見させてもらっています。
最終話も楽しみ。
漫画喫茶でたまたま読んだ原作の漫画も、とても面白い。

●僕は友達が少ない
最終話も私的には納得。
男性用アニメではあったが、私には毎回とても楽しめた。

●ペルソナ4
最終話はまだ見てないが、毎回とても楽しめた。

●輪るピングドラム
最終話も内容はあまり理解できなかったが、24話、個人的には毎回、非常に楽しませてもらった。
各話の細かい内容も、最終話でまとめて、ある程度の結論は出してくれており、すごく面白かった。

●UNGO
第5話くらいまでは見ていたが、後は録画してある。
年末年始に見てみたいと思う。

●gdgd妖精s
当初は全くノーマークだったアニメ。
アニメ作成の予算は少なめだとの話だが、今期1,2位を争う面白さであったのではないだろうか?
3DCG(MikuMikuDance?)を使って3人の声優がぐだぐだしゃべっているだけのアニメではあるが、
これがむちゃくちゃ面白かった。
Windows100%という雑誌の付録に、MMD用の3人のモデルも付属しており、
妖精3人が踊っている動画もニコニコ動画などにアップロードされており、それらも私にとっては面白い。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16434189

●スイートプリキュア
毎回欠かさず見ている。
水戸黄門(勧善懲悪)に通ずるものがあり、普通に面白い。
絵もきれい。(稀に作画が乱れることもあるが、まあ、それは大人の事情があるのでしょう、あまり気になりません。)

●ギルティークラウン
OPの主題歌が大好きです。
話の内容は、「コードギアス、反逆のルルーシュ」の劣化版といった感想を持ちますが、
十分に楽しませていただいています。2クールということなので、今後に期待。

しかし、「劣化版」と失礼な書き方をしてしまったが、
「古いものの方がよく見える。」 ←新規性を出すのは、後の作品程難しい
というのも事実である。

「昔のこれこれの作品のほうがよかった」

という感想はよく聞くが、それは、「当たり前」である。
これは、

「後医は名医」

に通じるものがあるように思える。
研究の世界でも、最も重要視されるのが、「新規性」であるが、これは、時代が後になるほど難しくなってくるのではないだろうか?

最後に、クリスマスイブにぼっちの私がお勧めのアニメ。

「けいおん!」1期第7話

これから、PlayStation3のexvs(ガンダムの対戦ゲーム)で、ザク改でサンタぶっぱしてきます。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする