WindowsでEthereumスマートコントラクト入門「gethのインストールからHelloWorldまで」を写経してみる(3)

前回の続きです。

WindowsでEthereumスマートコントラクト入門「gethのインストールからHelloWorldまで」を写経してみる(1)
以下の本を読んでいるが、amazonのレビューによると、イーサリアムの仕様?が変わっていて、2018年1月現在、Chapter3以降は、なん...
WindowsでEthereumスマートコントラクト入門「gethのインストールからHelloWorldまで」を写経してみる(2)
前回の続きです。 (開発環境)Windows 8.1 Pro 64bitgeth 1.7.3Visual Studio Code (0)前...

(開発環境)
Windows 8.1 Pro 64bit
geth 1.7.3
Visual Studio Code

(0)前回まで何をやったか?

gethのインストール

アカウントの作成(account[0], パスワード: “testPass”)

プライベートネットワーク内でマイニングして、1935 ETHゲットした。

accounts[0]から、accounts[1]へ1 ETH = 10^18 weiを送金ました。

<gethの入り方>
1.C:/geth/ を、VisualStudioCodeで、「管理者で実行」で開く。
2.Ctrl+@ でターミナルを出して、

3.終了するときは、exit

image_thumb3

今回は、下記サイトにしたがって、Hello Worldをしてみたい。

https://qiita.com/amachino/items/b59ec8e46863ce2ebd4a
image_thumb1

(1)solcのインストール

Solidity のコンパイラである solc をインストールします。

solc でコンパイルされたバイトコードは、Ethereum の EVM (Etherum Virtual Machine) という仮想マシンで実行されるそうです。

Ethereum 1.6以降は、solcのインストールと、コマンドプロンプトからのコンパイルを行う必要があるらしい。。。

途中。

(参考)

https://qiita.com/amachino/items/b59ec8e46863ce2ebd4a
image_thumb1

https://qiita.com/Ruly714/items/2816d67044841c7e9126
image

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする