Windows8.1でaviファイルをyoutubeにアップロード(AviUtl1.00+x264guiEx 2.51v2)(2017年7月版)

前回、スーパーアマレココで、パソコンの画面キャプチャ動画をaviファイルとして作製するところまではできた。

Windows8.1でスーパーアマレココを試用してみる
パソコン上での操作画面をキャプチャしてみたくなったので、試してみたい。 非力なノートパソコンだが、どこまで実用的であるのかな? ...

今回は、そのaviファイルの一部のみを切り出して、yotubeにアップロードするまでを行う。

本当は、Windows Live ムービーメーカーを使いたいのだが、2017年1月で終了してしまった。全く残念な話である。

そのため、インストールが大変そうではあるが、AviUtlを試してみる。

(環境)
Panasonic CF-RZ4
Windows 8.1 Pro (64 bit)
Intel 5Y10 CPU 0.80 GHz
RAM 8GB

スーパーアマレココ Ver4.20
AviUtl version1.00
AviUtl 拡張編集Plugin version0.92
L-SMASH Works r921
x264guiEx_2.51v2

(0)AviUtlについて

AviUtlと拡張編集プラグインの導入方法【ダウンロード・インストール】
2016/1/22 2017/3/24
http://aviutl.info/dl-innsuto-ru/

AviUtlのインストール 最新版 2017年1月更新!!
https://www.youtube.com/watch?v=F2jTWIkSnPM

[AviUtl]新章突入!編集方法 初級編
パソコンHOW TO動画CH by.沖縄のムック
https://www.youtube.com/watch?v=7zhr4e-VHkE

(1)以下のリンクから、「AviUtl本体」と「拡張編集プラグイン」をダウンロード。

http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/
image

ダウンロードしたZIPファイルを2つとも解凍(ダブルクリック)して、中身を、特定のフォルダにコピーする。

今回は、C:\software\aviutl100 フォルダを作成し、その中に全てコピーした。

image

AviUtl.exe をダブルクリックして、AviUtlを起動する。

image

「設定」→「拡張編集の設定」 をクリックすると、タイムラインの画面が表示される。

image

(参考)

【AviUtl】各ウィンドウの意味と関係性
2016/3/8 2016/9/27
http://aviutl.info/gamenn/

(2)入力プラグイン

以下のサイトにしたがって、L-SMASHプラグインをインストール。

http://aviutl.info/l-smash-works/

aviutl100 フォルダに、Plugins フォルダを作成。

http://pop.4-bit.jp/?page_id=7929 から、L-SMASH_Works_r921_plugins.zip をダウンロードして、解凍した中身を、上記のPlugins フォルダにコピー。

image

AviUtlを再起動。

(3)出力プラグイン

以下のサイトを参考に頑張る。

【AviUtl】x264guiExの導入方法と使い方(2/3)【MP4出力】
2016/2/3 2016/9/8
http://aviutl.info/x264guiex-intro/

以下のサイトの、○Aviutlプラグイン x264guiEx 2.xx をダウンロード。

http://rigaya34589.blog135.fc2.com/
image

ダウンロードしたファイルを解凍して、適当な場所にコピーして、auo_setup.exeをダブルクリック

image

image

image

終了したら、AviUtlを再起動。

何かしらの動画をドラッグ&ドロップしてから、

「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264 出力(GUI) Ex」

image

ビデオ圧縮 をクリックして、以下の3箇所にPATHが通っていることを確認。

image

数年前と比べてインストールが楽すぎてびっくりした。。。

その他、使い方は、

http://aviutl.info/intro/

を見ながら頑張る。

(4)aviファイルを編集

今回は、30秒の動画の最初の20秒を切り出してみたい。

以下のサイトを参考にやってみる。

【AviUtl】動画への字幕(テロップ)の入れ方【テキスト】
http://aviutl.info/zimaku-tekisuto/

【AviUtl】動画の不要なシーンをカットする方法【結合】
2015/6/11 2016/4/28
http://aviutl.info/katto-kakutyouhennsyuu/

AviUtlを起動して、拡張編集の画面を出す。

元の動画ファイルの大きさが 944×608 と中途半端であったので、AviUtlの 設定 > サイズの変更 > 1280×720 を選択した。
(このような面倒なことのないように、スーパーアマレココで録画するときに、1280×720(または、640×480)で保存しておくことが望ましいと思った。)

拡張編集(タイムライン)のところに、aviファイルをドラッグ&ドロップ。

20秒のところにドラッグして、タイムライン上で「S」を押す。

image

タイムライン上のLayer1とLayer2の右側をクリックで選択してから、Del ボタンを教えて、削除。

image

image

「拡張編集タイムライン」で「右クリック」して、「範囲設定」→「最後のオブジェクト位置を最終フレーム」をクリック

image

ファイル > AVI出力 で無圧縮で出力すると、1280×720、20秒の動画を出力するのに、約1分かかった。

aviファイルをWindows Media Playerで再生すると、結構画質は悪かった。なんとか文字がぎりぎり読める程度。

(5)mp4ファイル出力(youtubue用)

ファイル > プラグイン出力 > 拡張x264出力(GUI)Ex をクリック

image

ビデオ圧縮 をクリックして、次の画面で、プロファイル > youtube にする。

image

OK をクリック

動画名を入力してから、保存 をクリック

待つ

image

全部で約25秒くらいでエンコード終了。

image

出来上がったmp4ファイルを再生してみる。

image

結構きれい。容量も130KB。

(6)youtubeにアップロード

youtubeのアカウントを作成してログイン。

画面右上の、アップロードボタン「↑」をクリック。

https://www.youtube.com/
image

画面の真ん中あたりをクリック。

image

動画選択画面になるので、先ほどのmp4ファイルを選択してから、「開く」をクリック。

image

ファイルがアップロード、処理される。

image

題名と説明、場合によってはタグを入れて、右側の「公開」ボタンをクリック。

image

image

これで、動画が公開されることになる。

ちなみに、埋め込むと、以下のようになる。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする