Windows8.1でAnaconda3+Keras2.0でモデル可視化の際の注意点(2017年7月版)

やはりWindowsはつらいものがあるのか。プログタミングをやるなら、最初からUbutuかMacを使うべきなのだろうが、、、

前回、Kerasで可視化しようとしてかなり苦労したので、まとめておく。

「詳解ディープラーニング」を写経してみる(4)3.6パーセプトロン
前回は、3.5 多クラスロジスティック回帰 を写経してみた。 詳解 ディープラーニング TensorFlow・Kerasによる時系列デー...

(環境)
Windows8.1
Python 3.5.2
Anaconda 4.1.1 (64-bit)
Tensorflow 1.2.1
Keras 2.0.6
image

(0)参考サイト

このサイトがなければ即死でした。。。

旅行好きなソフトエンジニアの備忘録
2017-02-09
【Python】 Kerasでモデルを図に保存する
http://ni4muraano.hatenablog.com/entry/2017/02/09/063000
image

(1)Anaconda Promptで、以下のようにgraphvizとpydotをインストール

(2)Anaconda3フォルダ配下の”Library\bin\graphviz”を環境変数のPATHに追加し、PCを再起動する。

私の場合は、

C:\Users\(ユーザ名)\Anaconda3\Library\bin\graphviz

image

というPATHであったので、

スタートボタン > PC(を、右クリック) > プロパティ

で、画面左やや上の、「システムの詳細設定」をクリック。

image

詳細設定 タブ > 環境変数 をクリック。

image

よくわからないので、ユーザーと、システムの両方の、PATHのところに、上記のPATHをコピペして追加。

image

そのあと、OK をクリックして、閉じていく。

(3)パソコンを再起動。

(4)Anaconda Promptから、再度、jupyter notebook

(5)jupyter上で、例えば、以下のようなコードを入力して、Shift+Enterすると、ipynbと同じフォルダに、model36.png という名前の画像ファイルが保存される。

model36.png
image

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする