C#でDNAの相補鎖を出すプログラム(4)(未完成)

http://www.clks.jp/csg/cs002.html
C#用のプロジェクトを作る

を見ながら、Formについて少し勉強してみる。

image

image

image

テキストボックスがコピペできたことには驚いた。

image

Ctrl + F5 で確かめて見ると、、、うまくいった!

image

●これを、相補鎖プログラムに応用できるだろうか?

image

image

image

できるかなあ。ううむ。

image

やった。できました。とりあえずの目標達成。
出力された塩基配列もコピペできる。

しまった、相補鎖ではなかったかも。。。
相補鎖にするためには、逆に並べないといけない。。。

まあ、ちょっと疲れたので、しばらくお休みして本業に専念しようと思う。

—————————————————
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace complement
{
    public partial class Complement : Form
    {
        public Complement()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void 終了XToolStripMenuItem_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            Close();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            // 文字を入力してもらう
            string seq = textBox1.Text;

            // ToLower … アルファベットを小文字に変換
            seq = seq.ToLower();

            // a→t, t→T→a, g→c, c→C→gに変換
            seq = seq.Replace("t", "T");
            seq = seq.Replace("a", "t");
            seq = seq.Replace("T", "a");
            seq = seq.Replace("c", "C");
            seq = seq.Replace("g", "c");
            seq = seq.Replace("C", "g");

            // 変換後の塩基配列を表示
            textBox2.Text = seq;
        }
    }
}
—————————————————

文字の反転は奥が深いのかな???

http://d.hatena.ne.jp/zecl/20090122/p1

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする