いきなりionic startできなくなくなった(2017/6/27)

以下のサイトを写経してみたい[

Ionic 3 and Angular 4 Mobile App Example
by Didin J. on 4 06, 2017
https://www.djamware.com/post/58e657b680aca764ec903c2d/ionic-3-and-angular-4-mobile-app-example

(環境) 
Windows 8.1 Pro
Visual Studio Code 1.13.1
$ionic info
image

C:/angular4/ フォルダの下に、ionic3-angular4 というアプリを作成する。

(1)C:/angular4/ の中で右クリック>Open with Codeで、VisualStudioCodeを開き、Ctrl+@ でcmd.exeの画面を出す。

tabs のまま、Enter

image

いきなりエラー。

image

ぐぐってみた。いろいろ。。。

https://github.com/npm/npm/issues/17460

なんと4時間前にスレッドがたっている。

以下をためしてみる。

それでも、

npm ERR! Command failed: git -c core.longpaths=true clone
        C:\Users\(xxxx)\AppData\Roaming\npm-cache\_git-remotes\git-github-com-resin
-io-bonjour-git-41f67eef

とにかく、bonjourというのが悪さをしているらしい。。。

これ、ionicを仕事に使うのは、かなり厳しいのでは?と思った。

明日には解決しているのだろうか。。。

(翌日)

まだ解決できていないようである。とりあえず、私の環境では、下記の通りに、

でエラーが出た後、

とすることにより、無事、画面が立ち上がった。

https://forum.ionicframework.com/t/error-when-start-new-project/95878/29
image

image

(2017/6/29 追記)
Ionic Teamによって改善されたようである。私も無事、ionic startできるようになってほっとした。

https://forum.ionicframework.com/t/cant-ionic-start-on-windows-10/95916/22
image

(2)ionic3 サービスの作成

(変更前)
image

(変更後)
image

image

(参考)
https://github.com/didinj/ionic3-angular4-sample-app/blob/master/src/providers/rest.ts

(3)app.module.ts

Httpをimportしておく。なお、RestProviderは、「ionic g provider rest」のときに、自動でインポートしてくれている。

(変更後)
image

(4)home.ts

(変更前)
image

(変更後)
image

(5)home.html

(変更前)
image

(変更後)
image

わおー!これは楽しい。以下のサイトのおかげである!

https://restcountries.eu/
image

(6)スマホアプリ作成

config.xml

なぜ変更が必要なのか分からないが、とりあえず、言われた通りに変更。

(変更前)
image

(変更後)
image

image

image

image

出来上がったapkファイルを自分のスマホにメールしてインストール

arrows M03にインストールしたら、うまくいった。このアプリは国と首都の名前と国旗の絵をリストしただけのアプリではあるが、無料のWeb APIを利用すると、けっこう見栄えがよくてうれしい。

Screenmemo_share_2017-06-28-23-29-53

次回は、Rails5とAngular4の組み合わせの、以下を写経してみたい。

できれば、Railsの方はHerokuにデプロイして、Angular4をIonic3でスマホアプリにして、実際に動かしてみたい!

angular4とrails5をスッと使ってみる
kanadai
2017年05月06日に更新
http://qiita.com/kanadai/items/0034f0c0fe26efab2f2b

(参考)

Angular 2 (, Angular 4, ionic3)に関しては以下の本がお勧めです!

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする