C#のおべんきょう(2)

(1)引き続き、

http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/csharp_abc/csharp_abc_005/csharp_abc01.html

を見ながらおべんきょう。今回は、「C#のデータ型」

image

————————————————
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            int i = 123;
            string s = i.ToString();
            Console.WriteLine("i={0}, s={1}", i, s );
        }
    }
}
————————————————

●Mainメソッドについて

http://wisdom.sakura.ne.jp/programming/cs/cs2.html
C#の基礎

→ C#プログラムは、Main()というメソッドから開始される。

http://c-loft.com/blog/?p=415
Visual C# イロハのイ 02 Mainメソッド、データ型

 

●ToString( )    → 文字列に変換するメソッド

 

●WriteLineメソッドは、複数の値を書式の中に取り込んで出力する機能を持っている。

http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/csharp_abc/csharp_abc_005/csharp_abc01.html

第1引数の文字列中に{0}を書くと、第2引数値がそこに挿入され表示される。
同様に{1}とすれば第3引数値がそこに挿入され表示される。
同様に{2}とすれば第4引数値がそこに挿入され表示される。

例えば、「Console.WriteLine( "AB{0}E", "CD" );」というコードは、「ABCDE」を出力する。

同様に、「Console.WriteLine( "AB{0}E{1}H{2}", "CD", “FG”, “IJK” );」というコードは、「ABCDEFGHIJK」を出力する。

 

(2)繰り返しのコントロール

http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/csharp_abc/csharp_abc_009/csharp_abc03.html

image

————————————————
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
    class Program
    {
        static int Main(string[] args)
        {
            for (int i = 0; i < 10; i++)
            {
                if (i < 4)
                {
                    continue;
                }
                if (i == 7)
                {
                    break;
                }
                Console.WriteLine(i);
            }
            return 0;
        }
    }
}

————————————————

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする