斜視の検査

http://www.ocular.net/jiten/jiten015.htm

立体視できる人の割合など、データはないかな?

http://japan.cnet.com/news/commentary/20406927/
3D映像を認識できない人々–問われる業界の対応(2010/01/21)

最近(2010年~2011年)、3Dテレビを流行させようとテレビ業界がまたがんばっているが、立体視ができないにとっては全く迷惑な話である。
立体視ができなくても、(特定の職業への就職は難しいなどデメリットがある場合もあるが、)はっきりいって、基本的に生活には困らない。
3Dメガネをかけるのも面倒。
Nintendo 3DSを店頭で見てみたが、メガネ不要で3Dに見えることは見えるが、なんか疲れる。
早く、3Dテレビなんてインチキ3Dではなく、「3Dディスプレイ」が実用化されてほしいものである。
(すごく難しいとは思うが、、、物理的に可能かどうかも分からない、、、)
http://www.youtube.com/watch?v=u1E_LgLaiRE
【初音ミク】3D映像のミクがテーブルから飛び出して踊るよ【fVisiOn】

http://www.youtube.com/watch?v=RIH4X-cEapE
3Dディスプレイシステム 「Holo-Table」

http://gigazine.net/news/20061103_cheoptics360/
2006年11月03日 16時08分00秒
ついに3次元立体映像を実現した「Cheoptics360」

 

ちなみに、色覚異常の割合は、日本人:男性5%、女性0.2%。しかし、色覚異常は、自分が見えている世界が他人と違うだけで、テレビを見るのに困らないとは思われる。(そもそも、色の認識なんて、本当は人それぞれ異なると思われる。ヒトの網膜上のL-cone、M-coneの割合は、人それぞれで結構異なると専門書(具体的には忘れた)に書いてあった。)

立体視力
stereoscopic acuity

両眼視機能、3段階

(1)同時視
(2)融像 fusion
(3)立体視

stereopsis 立体視

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21309798
Ophthalmic Physiol Opt. 2011 Mar;31(2):111-22. doi: 10.1111/j.1475-1313.2011.00822.x.
Potential hazards of viewing 3-D stereoscopic television, cinema and computer games: a review.
Howarth PA.

Unlike in the real world, the stimulus to accommodation and the stimulus to convergence do not match.

だそうですが、、、

http://homepage2.nifty.com/yukie/sinsiryoku.html
深視力メガネ

疫学 epidemiology

知りたいのは、立体視ができる人の割合、疫学。
Titmus Stereo TestsのCircle testでscoreが5/9以上(100”)が何%とかのデータはないものか?

http://www.ocular.net/jiten/jiten015.htm
によると、斜視の割合は、100人に約2人とのこと。

http://medical-dictionary.thefreedictionary.com/Titmus+stereo+test

PubmedでTitmus Stereo Testsで検索してみると、、、

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20534917
Indian J Ophthalmol. 2010 Jul-Aug;58(4):287-90.
Horizontal Lang two-pencil test as a screening test for stereopsis and binocularity.

斜視患者84人(6歳から19歳)と、対象40人
Titmus test and the Netherlands organisation for applied scientific research (TNO) stereotest
この論文のTable 2が少し参考になるか・・・

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15692766
Jpn J Ophthalmol. 2005 Jan-Feb;49(1):1-5.
Development of stereoscopic acuity: longitudinal study using a computer-based random-dot stereo test.
Takai Y, Sato M, Tan R, Hirai T.

All children had a stereoacuity of 100” with the Titmus Stereo Tests at 5 years of age,

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11641643
J AAPOS. 2001 Oct;5(5):316-22.
Screening merits of the Lang II, Frisby, Randot, Titmus, and TNO stereo tests.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10549669
Invest Ophthalmol Vis Sci. 1999 Nov;40(12):3031-6.
Binocular depth-from-motion in infantile and late-onset esotropia patients with poor stereopsis.
Maeda M, Sato M, Ohmura T, Miyazaki Y, Wang AH, Awaya S.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/6496643
Am J Optom Physiol Opt. 1984 Aug;61(8):491-8.
Stereopsis in small-angle strabismus.
Rutstein RP, Eskridge JB.

Thirty-two percent of the small-angle strabismic patients examined demonstrated no stereopsis on any of the stereotests.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8776447
Eye (Lond). 1996;10 ( Pt 2):182-8.
Binocularity in infancy.
Braddick O.

A variety of behavioural and electrophysiological studies agree that the onset of functional binocular interaction in human visual cortex normally occurs between 10 and 16 weeks of age.

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする