Windows8.1+RStudio1.0で、Rmarkdownを試してみる

レポート作成といえばRmarkdown!

(参考)

http://qiita.com/tomotagwork/items/c92fb40a76f56ea16aa4

(環境)
Windows8.1
RStudio Desktop 1.0.143

(0)RStudioのインストール

https://www.rstudio.com/products/rstudio/download2/
image

から、

RStudio 1.0.143 – Windows Vista/7/8/10

をダウンロードして、ダブルクリックしてインストール。

image

image

R Studioを起動

image

image

(1)rmdファイルの新規作成

File > New > R Markdown

で、言われた通りにすると、

image

Ctrl+S で、Sample01.Rmd という名前で保存。

Smple01.Rmd の画面の図の赤い部分の、Knit をクリックして、Knit to HTML をクリック。

image

image

image

htmlファイルが作成され、Sample01.Rmdと同じフォルダに、Sample01.html という名前で保存される。

グラフもきれいに表示されるが、このグラフの図は、Sample01.Rmd とは別の場所に保存されている模様。

上記と同様に、Knit > Knit to Word をクリックしても、Wordファイルが作成される。

こちらの方がメールとかしやすいかもしれない。

PDFファイル作成のためには、「LaTexのパッケージ」などが必要らしい。(詳細不明)。

PDFファイルを作成するためには、見栄えを気にしないのであれば、Wordファイルを作ってからPDF化すればよいのではないだろうか。。。

本当は、R markdown を、EZRと組み合わせて使いたいなあ、、、

(2)Packageのインストール

ggplot2 などのパッケージをインストールしたい場合、Tools > Install Packages… で、インストールしたいパッケージの名前(例えば、 ggplot2)を入力して、インストールをクリックすれば、自動的にインストールされる。

image

(参考)

R Markdownによるレポート生成
tomotagwork
2017年02月14日に更新
http://qiita.com/tomotagwork/items/c92fb40a76f56ea16aa4

連載
R Markdownで楽々レポートづくり
高橋康介
http://gihyo.jp/admin/serial/01/r-markdown

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする