Unityで3D脱出ゲーム(4)メタセコイア4でブタの貯金箱

Unityで、脱出ゲームを作るために、「ブタの貯金箱」の3Dモデルが必要となった。

以下のページを見ながら、やってみる。

「KT爺メタセコイア指南書」
http://ktg.xii.jp/mqo/

(環境)
Windows8.1
Metasequioia4.5.7

(1)設定。画面左上の「初心者」のところを、「モデリング(文字)」にする。
その他、パネル(P)から、いろいろなパネルを表示しておく。

image

コマンドパネルの、面>基本図形 をクリック

image image

パネル> 操作パネル などで、パネルを配置する。

image image

F1, F2、F3 を押すと、視点を移動できる。

image image

コマンド>編集>範囲 で、前面を選択したあと、 コマンド>面>押出でドラッグして押し出し を2回。

image

面を選択した状態で、操作パネルのx、y、zの上のマークをドラッグすると、全体が縮小したり拡大したりできる。

image

コマンド>辺・点>ナイフ で、切れ目を作る。

image image

コマンド>面>押出 で、足を4つ作る。
出てきた新しい面を選択して、操作パネルで回転のZをドラッグして、回転。

image image

ナイフと、選択、範囲、移動、回転でしっぽを作るのに苦労した

image

次に、鼻をつくる。

頂点を選択して、Deleteで削除して、コマンド>面>面の生成

image image

image image

必死に鼻を作ったあと、球で目玉を作成。

image

色を塗る。

材質 > 新規

image image

image

選択部処理 > 面に現在の材質を設定

image image

image

buta.mqo で保存した。

(2)Blenderのインストール

https://blender.jp/
image

blender-2.78a-windows64.msi をダウンロードしてインストール。

https://nullorempry.jimdo.com/work-list/blender2-5-2-7/mqo/

を参考に、Blenderに、メタセコイア(.mqo)インポーター/エクスポーターというAddOnを入れて、mqoファイルをBlenderにインポートし、それを、fbx形式でエクスポートして、Unityで取り込んだ。途中、思っていたものと変わってしまった。(おしりが欠けてしまった)

これだけでかなり一苦労。どこかからもらってきた方が圧倒的に早いが、、、

image

とんかち hammer.mqo  -> Blenderで、hammer.

image imageimage image

次はテーブル

image_thumb image_thumb[1]

image_thumb[2]

メモ帳、UVマッピングなるものを試す。

512×512で、作成。

image image

image imageimage

金庫

image image

image image

image image

image

旗 → 2Dで勘弁してちょ!

image image

これでやっとモデルが出そろった。

次はスクリプトを。。。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする