Unity5の教科書をやってみる(7)Chapter6その1

前回の続き。

Unity5の教科書をやってみる(6)Chapter5その2
前回の続き。 (環境) Windows8.1 Unity 5.4.3f 続きをする。 (1)Prefa...

(環境)
Windows8.1
Unity 5.4.3f

今回から、Chapter6をやっていく。詳細は上記本へ

(1)新規プロジェクトの作成

image image

image image

Ctrl + S > GameScene という名前で保存。

image

(2)Physicsの使用

Rigidbodyコンポーネント:力の計算(重力や摩擦など)
Colliderコンポーネント :物体の当たり判定

プレイヤの配置

image image

Add Component > Physics 2D > Rigidbody 2D

image image

image image

雲を足元に配置して、Rigidbodyコンポーネントと、Colliderコンポーネントを追加し、さらに、雲が重力の影響を受けないようにする。

image image

image

コライダの形の工夫

image image

image image

(3)プレイヤを動かすスクリプト

Physicsによる移動方法 -> 力を加えて、移動させる

PlayerController.cs

image image

image image

スペースキーで、ジャンプするようになった。

image image

image image

image

なかなか面白い。

続きは次回。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする