14w出血、、、

ちょっと元気になってきて、調子にのってしまったのだろうか、歩きすぎた?

お家に帰って夕食をとり、徐にトイレにいくと、下着に赤いしみが!!

え?生理始まった?

と一瞬錯覚するも、いやいや今妊娠中だし。

トイレットペーパーで拭いてみてもやはりその場所と思われる場所から出血している模様。

生理用ナプキンを装着し、そっとクッションに座ったが、ちょろちょろと出血している温かい感触が、、、

大した量ではないと言えば、大した量ではないが、こんなに出血したことは今までになく、急に不安に。

山王病院の緊急連絡先の用紙を確認すると、「出血、腹痛など」があった場合にご相談を、と書いてある。うん、これは迷惑電話ではない、とちょっと自信を得て、その番号に電話。

夜間担当の方が電話口に出てこられ、患者番号、名前、症状などを簡単に説明。その後産婦人科当直に電話がなかなかつながらず、一旦電話を切って待機。

すると、1分とたたないうちに、産婦人科当直医を名乗る女性の医師から電話があった。

「先ほどは、、、」

電波が悪かったらしく、電話がつながらず、大変失礼しました、と丁寧なごあいさつから始まり、こちらが症状を説明し、

「、、、それで、心配でお電話して、どうもすみません」

と謝ると、

「それはご心配ですよね、大丈夫です」

とフォローまでしてくださる優しい女医さん。

もしも今、不幸にも赤ちゃんの心拍が停止し、出てきている状態だとすると、もっと激しい腹痛と激しい出血を伴うことが多いとのこと。今の状況の場合、子宮が収縮している可能性もあるし、胎盤ができる過程で血腫ができ、それが外に出てきているという可能性もあるし、いずれにしろ、安静しか対策はない。赤ちゃんの状態を確認すべく受診してもらってももちろんいいが、お薬などの対策はないので、やはり安静にするしかない。

ちょっと記憶があやふやなところがあるが、そんな風に丁寧に状況を説明され、安静にするしかないのに、山王病院に受診していたら、安静にならないな、と考え、お家で安静にすることに。

「もしも明日まで出血が多く続くとかありましたら、受付にお電話して受診の相談をしてください。もちろん、今夜、また不安なことが出てきましたら、遠慮なくお電話でご相談ください」

と大変行き届いた一言まで!

電話を切ってからしばらく安静にしていると、どうやら出血は止まり、あとは茶色っぽいおりものだけが続く状態に。

とりあえずは、無事なのだろうか。

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする