Unity5の教科書をやってみる(4)

前回の続き。

Unity5の教科書をやってみる(3)
前回までは、以下の本のChapter3を写経した。 この本の大ファンになってしまった。ゲームの作り方の流れが、分かりやすい図で...

(環境)
Windows8.1
Unity 5.4.3f

続きをする。

(1)車を動かす(CarControllerの作成と、Carオブジェクトへのアタッチ)

Assetsで、右クリック > Create > C# Script

で、 CarController.cs を作成したのち、CarController.csをGameSceneのcarへドラッグ&ドロップ

image

image

(2)uGUI

ヒエラルキービューで、Create > UI > Text

image image

TextのところをDistanceに変更し、Inspectorでもろもろ調整

image image

(3)GameDirector.cs の作成と、アタッチ

image

ヒエラルキービューで、Create > Create Empty で、GameDirector に変更。

image

うまくいかないので悩んでいたら、GameDirector.cs の14行目が、Dsitance (正しくは、Distance)になっていた。直したら、うまくいった。これは楽しい!

image

(4)Androidアプリに変換

image

やっぱり20MBくらい。。。

(5)自分のスマホで試してみる。

メールしてインストールしたら、できた!

(6)GameDirectorを少しだけ変更

image

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする