Unity5の教科書をやってみる(1)

最終目標:Unityで、脱出ゲームのAndroidアプリを作りたい!

なかなかうまくいかない。以下の本を購入した。写経してみる。

「Unity5の教科書」正誤情報 2016年7月25日
http://www.sbcr.jp/support/13198.html

『Unity5の教科書』サンプルファイル  2016年6月20日
http://www.sbcr.jp/support/13047.html

Unity5を使って、C#でスクリプトを作りつつ、2Dと、3Dのスマホアプリの作成を、初心者向けに丁寧に解説している本。とってもおすすめ!

Chapter3を写経してみる。

(1)Unityで新規プロジェクトの作成

2D で、Roulette という名前で作成。

image

上記、サンプルファイルのページからダウンロードした素材をドラッグ&ドロップ

image image

File > Build Settings

image

Gameビューの、Free Aspect をクリックして、16:10 Portrail(10:16)にする。

image image

File > Save Scene as… で、GameSceneという名前で保存。

image image

(2)オブジェクトの配置

Scene ビューをクリックしたあと、Assetsの方から、rouletteの画像ファイルをドラッグ。

image image

image

同様に、needleを配置。

Main Cameraを選択し、Inspectorビューの、Camera > Background の色のところをクリックして、色を変更。

image image

(3)スクリプトの作成

Projectビューの中で右クリック > Create > C# Script

image

C#のNewBehavi… を、RouletteControllerに変更する。

image image

RouletteControllerをダブルクリックすると、Microsoft Visual Studioが時間をかけて立ち上がる。

image image

以下のように書き換える。

特に、4行目の、”public class RouletteController : MonoBehaviour { “ の、RouletteController のところが、初心者の私にとっては、最初の鬼門であった。

image

(4)スクリプトのアタッチ

RouletteControllerを、rouletteにドラッグ&ドロップ

image image

確認のため、Gameビューをクリックして、▲ボタンをクリックし、しばらくしてから画面をクリックすると、ルーレットが回転しだす。おお!

image

(5)スクリプトの修正

image

(6)Androidへの書き出し

File > Build Settings で、Player Settingsをクリック

image image

Inspectorビューで、Other Settingsの、Bundle Identifier のところを、com.Company.Roulette と入力。

image image

Build and Run をクリック

image

うまくいかず。。。

image

Build のみでいってみる。

image

image

できあがったapkファイル(Roulette_android.apk)を、自分のスマホにメールで送る。

これだけで約20MBもある。今後、データを増やしたりしたら、どうなってしまうのだろうか。。。

無事、P-03Eで動作確認できた。やったー!これは楽しい。

image

やっぱり、以下の本はすごくおすすめです。大事なことなので2度ry)

引き続き、上記の本を写経していきたい!そして、

(1)クイズアプリ

(2)脱出ゲーム

を作りたい!

関連記事
Count per Day
    Popular Posts
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする