WindowsでExpress4(JavascriptのWEBフレームワーク)(4)

前回は、expressでhello worldをやってみた

WindowsでExpress4(JavascriptのWEBフレームワーク)(3)
以前、Expressを触ってみたが、また、別のサイトにしたがって、やっていく。 今、以下の本をKindleで買って、やってみている。 ...

引き続き、今回は、以下に従い、express-generatorを使ってみる。

ExpressでWebアプリケーションを自動生成する
作成:2013-05-12 10:06
更新:2015-08-13 10:47
http://libro.tuyano.com/index3?id=1152003

(環境)
Windows8.1
node.js v6.3.1
Visual Studio Code
templateはejs
C:/js/expressapp フォルダに作成

(1)express-generatorのインストール(Railsのscaffoldのようなものかな?)

npm install -g express-generator

image

cd c:/js
mkdir exapp
express -e exapp

c:/js に移動してから、express -e exapp とするのがポイントらしい。テンプレートエンジンをejsにするために、 -e というオプションをつけるとのこと。

image

cd exapp
npm install

imageimage

この時点で、exapp フォルダは、以下のよういなっている。

image

なんだかよくわからないが、http://libro.tuyano.com/index3?id=1152003&page=3 によると、以下のような説明がある。

bin フォルダ:実行するプログラムを保管
node_modulesフォルダ:Node.js で使うモジュール類(?)を保管
publicフォルダ:images, javascripts, stylesheetsフォルダがあり、それらを保管
routesフォルダ:ルーティングとコントローラーを保管?
viewsフォルダ:ビューを保管
app.js:メインプログラムとなるスクリプトファイル???
package.json:Webアプリケーションのパッケージ情報を記述したファイル

流れとしては、

Webアプリケーションを作成する場合には、
「app.jsでメインプログラムを修正する」
「routesに作成するページ用のスクリプトファイルを用意する」
「viewsに表示用のテンプレートファイルを用意する」
といった流れ

らしいです。(http://libro.tuyano.com/index3?id=1152003&page=3 の説明)

cd c:\js\exapp
node .\bin\www

image

ブラウザで、 127.0.0.1:3000 を開くと、

image

(2)Bitbucketにソースコードをアップロード(寄り道)。

git init
git add .
git commit -m “initialize repository”

あらかじめ、Bitbucketに登録しておき、

https://bitbucket.org/dashboard/overview

で、「リポジトリ」>「リポジトリの作成」

exapp という名前で作成

出てくるページに記載してある、「既にプロジェクトがあります。」のところの記載の通りに、コマンドプロンプトに入力。

git remote add origin git@bitbucket.org:xxxxxxxxx/expressapp.git
git push -u origin –all (このあと、パスワードの入力を求められるので、入力する)

image

2回目以降は、

git add .
git commit -m “xxxxxxxxxxxxx”
git push -u origin –all

とすれば、更新される。

(3)heloページを作ってみよう

http://libro.tuyano.com/index3?id=1152003&page=6

の通りにやってみる。

● routes フォルダに、helo.jsを作成

image

● views フォルダに、helo.ejs を作成

image

● app.js の変更

image

● public/stylesheets/style.css の変更

image

● node .\bin\www してから、ブラウザで、 localhost:3000

image

image

(4)Bitbucketにアップロード

git add .
git commit -m “helo.js”
git push -u origin –all

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする